ニュース
» 2019年07月17日 20時00分 公開

2019年夏アニメ注目度調査第2週目! 「ギヴン」「お母好き」が台頭しランキングに大きな変動が

3タイトルが新たにランクイン。

[ねとらぼ調査隊,ねとらぼ]

夏アニメ放送開始第2週目! ほとんどのタイトルが出そろう

 夏アニメ放送開始から約2週間が経過しました。放送が遅かったタイトルもほぼ全て第1話が放送され、いよいよ夏アニメ視聴も本番です。果たして今週最も盛り上がったのは、どのアニメだったのでしょうか。

「2019年夏アニメ注目度ランキング 第2週目:7月10日〜7月16日版」の調査概要

 プラスアルファ・コンサルティングが提供する、SNS(ブログ・Twitter)やアンケートをテキストマイニングにより分析するSaaS型ツール「見える化エンジン」を利用して調査。

調査期間 2019年7月10日〜7月16日
調査対象 Twitter
調査件数 6万3701(10% サンプリング)
調査キーワード 夏アニメ公式ハッシュタグ
調査方法 対象期間のTweetを「見える化エンジン」によるテキストマイニングにより分析
備考 実数に近づけるため件数を100%に補正

「2019年夏アニメ注目度ランキング 第2週目:7月10日〜7月16日版」の調査結果

公式ハッシュタグ別注目度ランキング

ランキング

 今週も1位は「あんさんぶるスターズ」(あんスタ)がキープ。「戦姫絶唱シンフォギアXV」(シンフォギア)は2位に返り咲きました。

 注目は3位の「ギヴン」で、フジテレビ系列「ノイタミナ」枠初のBLコミック原作アニメです。「あんさんぶるスターズ」といい、2次元イケメンの需要の高さを感じます。

 また、7位には「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」、8位には「まちカドまぞく」と新たに2タイトルがランクインしました。「通常攻撃が〜」は公式ハッシュタグが「#お母好き」という大変パワーとバブみあふれるものになっています。

上位5位分のツイート数を時系列で見てみた(2週間分)

上位5位のトレンドグラフ ※今回の本記事の集計期間は1週間ですが、上記グラフは2週間分の動きになっています

 1位をキープし続けている「あんスタ」ですが、少しずつ2位以下との差が縮んできています。とはいえ、ほとんどのタイトルが出そろった今でも頭一つ抜けているのはさすが。「シンフォギア」は放送日の爆発力が圧倒的です。


1位 「あんさんぶるスターズ!」の注目ツイート

 多くリツイートされていた放送カウントダウン公式ツイートが終わった「あんスタ」ですが、第2話では作中に登場する「Ra*bits」に関するファンのツイートが注目を集めていました。ネタバレになるので具体的な展開については触れませんが、ファンにとっては衝撃的だったはずです。


2位 「戦姫絶唱シンフォギアXV」の注目ツイート

 「シンフォギア」では出演声優のツイートのほか、ほとんどの人が気付かなかったと思われる作中の小ネタを拾ったツイートの盛り上がりが大きかったようです。くしゃみの発音がタイトルの「エクシブ」(XV)になっているとは……。


3位 「ギヴン」の注目ツイート

 「ギヴン」は第1話放送ということもあり、主に公式からのツイートが盛り上がっていました。作中にギターが登場するGibson Japanからもコメントが届いています。


まとめ

 ここに来て、ランキングが大きな変動を見せました。とはいえ、新たにランクインした3タイトルは第1話放送による盛り上がり効果もある程度は含まれているかもしれないため、この勢いを保ち続けられるかどうかが第3週の見どころとなりそうです。また、「あんスタ」がどこまで1位をキープし続けられるかどうかも見守りたいところですね。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響