ニュース
» 2019年07月28日 14時00分 公開

GT-Rや試作車も再現できちゃうの!? 日産自動車の秘密基地に潜入、世界最高峰のドライブシミュレーターを体験してきた (1/3)

まるで実車のような挙動を体験してきました。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 新型「スカイライン」の発表で注目を集めている日産自動車。世界的にファンを抱えるスポーツカー「GT-R」など数多くの車種を手がけ、日本の自動車メーカーとして確固たる地位を築いていますが、それらを開発する舞台裏はあまり知られていません。

 今回、そんな日産自動車の秘密基地といえる施設の1つ、神奈川県厚木市にある「日産テクニカルセンター(NTC)」を、私たち「ねとらぼ」が取材しました。「世界最高峰のドライブシミュレーター」があるから遊びにおいでよと誘われて、ホイホイとやってきたわけです。なにそれ面白そう!

日産自動車 テクニカルセンター ドライブシミュレータ これが世界最高峰のドライブシミュレーターだ!

日産自動車の秘密基地「日産テクニカルセンター」に堂々潜入

 神奈川県厚木市の山奥にある日産テクニカルセンター(NTC)は、日産が自動車を作るためにさまざまな研究開発を行っている施設で、日産の重要な技術開発拠点の1つ。広大な敷地にはたくさんの研究棟が建ち並び、新しいシステムやデータ収集・解析などで、日々多くのスタッフが仕事に励んでいる場所です。それだけに警備はめちゃくちゃ厳重で、今回の取材時も「建物の外観など、許可した場所以外の撮影は一切NG」とされました。

 そんな厳戒態勢の施設で通されたのは、日産テクニカルセンターの一画にある研究棟。中に入るとさっそく、お目当てのドライブシミュレーターを探しますが……まさかこれ? え、レースゲームガチ勢が持っている普通のゲーミングデバイスでは………。

日産自動車 テクニカルセンター ドライブシミュレータ レースゲームガチ勢が持ってそうなやつ

 えー、なにこれガッカリ……と思っていたら、「いやいや、あっちですよ」と案内してもらったのが、体験させてもらう最新鋭のドライブシミュレーター。予想していた何倍も……でかぁぁぁい!

日産自動車 テクニカルセンター ドライブシミュレータ でかい……! なにこれすっごい!
日産自動車 テクニカルセンター ドライブシミュレータ 全景を収めたパノラマ写真
日産自動車 テクニカルセンター ドライブシミュレータ 6本のアクチュエータとレールの移動などを複合させて、実車のような挙動を再現します

 全長45メートル、幅15メートルものレールの上に、6本のアクチュエータ(油圧やモーターなどで構成された制御ユニット)に支えられるように設置された黒いドーム。これがシミュレーターの本体となっていて、その内部には「スカイライン」が1台ポンと置かれています。

 スカイラインは実車を再利用したもので、エンジンなどの不要な装備を取り外して、代わりにコンピュータなどの機材が置かれています。

日産自動車 テクニカルセンター ドライブシミュレータ スカイラインの実車を改造したシミュレーター本体の前部
日産自動車 テクニカルセンター ドライブシミュレータ 周囲はスクリーンで覆われています

 ドームの内側は360度フルスクリーンになっていて、7台のプロジェクターを使って映像を投映する仕組みとなっています。

 シミュレーターは、ドーム内のスカイラインに乗り込んで、実際の運転と同じようにハンドル、アクセル、ブレーキなどを操作すると動かせます。

日産自動車 テクニカルセンター ドライブシミュレータ 上部に設置されたプロジェクターでドームに映像を投映
日産自動車 テクニカルセンター ドライブシミュレータ 7台のプロジェクターが稼働しています

 その挙動にあわせてドームがレール上を移動したり、傾いたり、回転したりして、実車を運転しているようなリアルな挙動を生み出すのだそうです。まじかよ……こんなの絶対楽しいよ! さっそく体験しなきゃ!

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた