ニュース
» 2019年07月30日 17時53分 公開

ゾンビ映画「死霊のえじき」吹替版制作プロジェクト、1週間もたたずにクラウドファンディングで100万円を突破!!

時代を超えてファンを魅了する、ゾンビ映画のマスターピース。

[のざわよしのり,ねとらぼ]

 クラウドファンディングサイト「Makuake」で、1985年に公開された映画「死霊のえじき」の日本語吹替版制作プロジェクトが立ち上げられ、スタートから1週間もたたないうちに100万円を突破したことが注目を集めている。

ロメロ監督 ジョージ・A・ロメロ トム・サビーニ ゾンビ 死霊のえじき クラウドファンディング 日本語吹替 (C)MCMLXXXV-MMII Taurus Entertainment Company All Rights Reserved

 「死霊のえじき」は、米国の映画監督ジョージ・A・ロメロが「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」(68年・米)、「ゾンビ」(78年・米)に続くリビング・デッドプロジェクトの最終作として、制作したゾンビ映画。80年代といえば、日本ではホラー映画ブームの真っ只中で、「死霊のえじき」は大々的な宣伝のもと86年に劇場公開された。当時としては、70年代に大ヒットした「ゾンビ」の監督による期待の新作ということもあり、さまざまな映画雑誌で取り上げられ、ホラー映画ファンが映画館につめかけたものだ。以降、幾度か国内でソフト化の機会はあったものの、一度も日本語吹替版が作られたことはなかった。そして日本公開から34年目に発売されるBlu-rayのために、初めて日本語吹替版が制作されることになったのだ。

 今回のプロジェクトは、有名実力派声優を起用して「洋画劇場全盛期」のような豪華な配役の吹替版を制作するというもの。すでに、主人公・女性学者サラ役に本田貴子さん、ゾンビを手なずけるローガン博士役に大塚芳忠さん、サラの同僚・フィッシャー役に川本克彦さんの参加が決定している。

ロメロ監督 ジョージ・A・ロメロ トム・サビーニ ゾンビ 死霊のえじき クラウドファンディング 日本語吹替 サポーター募集開始から1週間と経たずに100万円以上の支援を集めた(画像はMakuakeから)

 目標金額は280万円ですが、プロジェクト開始から1週間もたたない7月24日に100万円を突破。短期間でこれだけ大きな反響が起きた辺りに、ホラー映画愛好家、ひいては洋画吹替愛好家の愛情が伺われる。サポーターへのリターン企画は、吹替キャストが役柄を入れ替えて録音した「配役交換バージョン」を収めたBD-Rの制作も告知されており、本企画だけでしか手に入らない貴重な物となりそうだ。

 「死霊のえじき」Blu-rayは2020年2月5日発売予定(発売元:合同会社是空、株式会社ポニーキャニオン/販売:株式会社ポニーキャニオン)。吹替版制作プロジェクトのクラウドファンディングは9月27日まで行うとのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10