ニュース
» 2019年08月01日 12時31分 公開

米国とメキシコ、国境を隔てる壁をまたぐシーソーに「素晴らしいアイデア」と称賛

国境を挟んでシーソーで遊ぶ人たちが楽しそう。

[ねとらぼ]

 米国とメキシコの国境に設けられた壁をまたぐシーソーが設置され、海外で話題となっています。

 米大学の先生2人が、米ニューメキシコ州サンランドパークのイベントで設置したもの。ピンクのシーソーは国境の柵の隙間に設けられ、片方の端は米国、もう片方の端はメキシコに。企画者のロナルド・ラエルさん(カリフォルニア大学バークレー校建築学教授)がInstagramに投稿した動画では、それぞれの国の人たちが柵を挟んでシーソーで遊ぶ様子が見られます。

 企画者のラエルさんとフラテロさん(サンノゼ州立大学准教授)は、この「Teetertotter Wall」(シーソーの壁)のアイデアを2009年に考案。「壁が文字通り米国とメキシコの関係の支点になり、両側の子どもと大人が、片側で起きたことがもう片側に直接影響すると認識し、有意義な方法でつながった」とラエルさんはInstagramで述べています。SNSでは「素晴らしいアイデア」「天才」「泣いてしまった」と称賛の声が寄せられています。

フラテロさんのInstagramにも写真が投稿されています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.