ニュース
» 2019年08月07日 16時00分 公開

「アボカドの種と豆乳でヨーグルト」に批判集まる 本当に危険なのか見解を聞いた

劣化(腐敗)の可能性が高く、やめたほうがいいそうです。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 「アボカドの種と豆乳を混ぜて、常温で1日に置くと豆乳ヨーグルトができる」とTwitterに投稿され、その投稿を否定する声があがっています。キッコーマンに確認したところ、「劣化(腐敗)の可能性が高いため、やめたほうがよい」との回答を得ました。

アボカドと豆乳とヨーグルトのイラスト アボカドの種と豆乳でヨーグルトを作るのはやめましょう

 話題になったのは「清潔な容器にアボカドの種と無調整豆乳300ccくらいを入れて、時計回りに2、3回かき混ぜて、常温で1日にくらいおくと、豆乳ヨーグルトになる」という内容。調べてみると、この投稿以外にも複数のブログやSNSでアボカドの種から作る豆乳ヨーグルトが紹介されていました。

 豆乳シェア1位であるキッコーマンに、「アボカドの種と豆乳でヨーグルトが作れるのか」問い合わせたところ、「劣化(腐敗)の可能性が高く、やめたほうがよい」との回答でした。同社のQ&Aサイトには、豆乳が固まる現象について記載があります。

Q:豆乳が開封後数日で凝固しました。なぜですか?

A:空気中には目に見えない雑菌がたくさん存在します。豆乳を開封後、それら雑菌が豆乳に影響して凝固することがあります。凝固が始まった豆乳は劣化が進んでいる状態ですので、飲用を中止してください。

Q&Aサイトのキャプチャ 凝固が始まった豆乳は、飲用を中止してください(キッコーマン豆乳Q&Aより)

 アボカドの種がなくても豆乳は固まることがあるようですが、腐っている可能性のほうが高そうです。それがヨーグルトっぽく見えたとしても、雑菌により凝固しただけで、お腹も壊す原因となりますので、食べないよう注意してください。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.