ニュース
» 2019年08月21日 16時34分 公開

カメラ苦手な人向け 「カメラで大事故を起こさないポイント」が凄まじく参考になると大好評

カメラど下手人間なので参考にしたい所存。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 カメラが苦手な人へのアドバイス「これだけ気を付ければ大事故は起きないんじゃないかなまとめ」が好評です。カメラが苦手なご主人のために作られたもので、人物撮影のポイントが、分かりやすくかわいくまとめられています。

 まずは構図。構図にはいろいろパターンがありますが、取りあえず一番よく見かける“三分割法”を紹介。画面を縦と横に3分割して、交点のどれかに被写体を置いて撮影します。これを守れば“大事故”は防げるでしょう。

 次にアップの撮影です。とにかくやってはいけないのは“首切り”。切るのであれば、首から下ではなく頭の上の方を切りましょう。

構図についての図解 まず三分割法を覚えて/“首切り”はやめよう(画像提供:きはるさん)

 他撮り事故案件No.1と思われる現象が「光について」のトラブル。オシャレな飲食店でよく起きる悲劇です。照明が暗い場所で、光源が真上にある場合、顔に影が落ち、相当な美女でないと耐えられない写真になります。こういう場合は、被写体に少し上を向いてもらって上から撮ることで、影を減らします。

 オススメは半逆光。よく逆光は避けろと言われますが、かといって順光がいいとも限らず、逆光でもキレイに人物写真を撮っている人もいます。

光についての図解 光を意識しよう

 ピントは、被写体の目に合わせます。被写体が斜め向きのときは手前側に合わせます。

 次にF値(絞り)です。F値が小さいと、ピントを合わせたもの以外がぼけます。大きいと全体がはっきりと写ります。背景をぼけさせてて被写体を目立たせるときは小さく、複数人を同時に撮るときにぼけてしまう人がいるようなら、F値を大きくします。

ピントについての図解 ピントは手前の目に合わせる/F値は小さくすると背景がボケる

 個人的に好きな構図は振り向きなどの“彼女感”がある構図。暗い飲食店は事故率が高いので、自然光が入る席や間接照明を上手に使いましょう。また、ペットや赤ちゃんなど、よく動く被写体には連写やオートフォーカスを使ってがんばりましょう。

 最後にレフ板です。メニューなど、白いものを使って顔を明るくしてあげましょう。瞳にキャッチライトを入れる目的でも使います。

おススメの構図やレフ板の使い方や図解 赤ちゃんは連写を利用して/レフ板代わりに白いものを使うと顔が明るくなるよ

画像提供:きはる(@ss_pon_)さん

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む