ニュース
» 2019年08月21日 16時34分 公開

カメラ苦手な人向け 「カメラで大事故を起こさないポイント」が凄まじく参考になると大好評

カメラど下手人間なので参考にしたい所存。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 カメラが苦手な人へのアドバイス「これだけ気を付ければ大事故は起きないんじゃないかなまとめ」が好評です。カメラが苦手なご主人のために作られたもので、人物撮影のポイントが、分かりやすくかわいくまとめられています。

 まずは構図。構図にはいろいろパターンがありますが、取りあえず一番よく見かける“三分割法”を紹介。画面を縦と横に3分割して、交点のどれかに被写体を置いて撮影します。これを守れば“大事故”は防げるでしょう。

 次にアップの撮影です。とにかくやってはいけないのは“首切り”。切るのであれば、首から下ではなく頭の上の方を切りましょう。

構図についての図解 まず三分割法を覚えて/“首切り”はやめよう(画像提供:きはるさん)

 他撮り事故案件No.1と思われる現象が「光について」のトラブル。オシャレな飲食店でよく起きる悲劇です。照明が暗い場所で、光源が真上にある場合、顔に影が落ち、相当な美女でないと耐えられない写真になります。こういう場合は、被写体に少し上を向いてもらって上から撮ることで、影を減らします。

 オススメは半逆光。よく逆光は避けろと言われますが、かといって順光がいいとも限らず、逆光でもキレイに人物写真を撮っている人もいます。

光についての図解 光を意識しよう

 ピントは、被写体の目に合わせます。被写体が斜め向きのときは手前側に合わせます。

 次にF値(絞り)です。F値が小さいと、ピントを合わせたもの以外がぼけます。大きいと全体がはっきりと写ります。背景をぼけさせてて被写体を目立たせるときは小さく、複数人を同時に撮るときにぼけてしまう人がいるようなら、F値を大きくします。

ピントについての図解 ピントは手前の目に合わせる/F値は小さくすると背景がボケる

 個人的に好きな構図は振り向きなどの“彼女感”がある構図。暗い飲食店は事故率が高いので、自然光が入る席や間接照明を上手に使いましょう。また、ペットや赤ちゃんなど、よく動く被写体には連写やオートフォーカスを使ってがんばりましょう。

 最後にレフ板です。メニューなど、白いものを使って顔を明るくしてあげましょう。瞳にキャッチライトを入れる目的でも使います。

おススメの構図やレフ板の使い方や図解 赤ちゃんは連写を利用して/レフ板代わりに白いものを使うと顔が明るくなるよ

画像提供:きはる(@ss_pon_)さん

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.