ニュース
» 2019年08月23日 17時30分 公開

「座席の座り方」「大声・音漏れ」「過度なリクライニング」……電車や飛行機でイラッ、中でも最も許せない行為は?

よくありますよねー。&自身も気を付けたいですね。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 旅行サイトのエアトリが、公共交通機関のマナーについてのアンケート調査結果を公表。回答者が公共交通機関で特に迷惑だと感じる行為は、他人の「大声での会話」「座席の座り方」「過度なリクライニング」で、“最も許せない”のは「後ろからシートを蹴られる」だったことが分かりました。

迷惑行為で特にイラッとくるのは「座席マナー」と「音」

 では、それぞれの公共交通機関(バス、電車、新幹線、飛行機)で、特に何が「迷惑だ」と感じたのでしょうか。

公共交通機関のマナー どんな行為に迷惑だと感じるか(バス・電車)(「エアトリ」調べ、以下同)
公共交通機関のマナー どんな行為に迷惑だと感じるか(新幹線・飛行機)

 身近なバスと鉄道では、「大声での会話」「座席の座り方」「携帯電話の通話」が上位3位でした。特に鉄道では「迷惑な座席の座り方」への嫌悪感が高い結果でした。

 一方、やや長距離、長時間を移動する手段であり、バスや鉄道よりもパーソナルな空間がある新幹線と旅客機では少し違う結果になります。「過度なリクライニング」「後ろからシートを蹴られる」「大声での会話」が上位3位でした。「うるさい音や声」にイラッとするのは大きく変わりませんが、新幹線や飛行機ではせっかくのパーソナルな空間やいい体験・環境を侵害されることに嫌悪することが多くなるようです。

最も許せない迷惑行為ナンバーワンは「後ろからシートを蹴られる」

 続いて、上がった迷惑行為別に「許せる/許せない」を聞いたところ、男女ともに許せない行為のナンバーワンは「後ろからシートを蹴られる」でした。あぁー、これは本当に嫌ですよね。大抵は悪意などなく、迷惑をかけている意識もないのが困るアレです。

 回答率は男女とも95%以上が「許せない」。「ゴミを放置するのが許せない」「泥酔状態での乗車が許せない」「座席の迷惑な座り方が許せない」「大声での会話が許せない」などを引き離しました。

 一方で、「くつを脱ぐ」「混雑した車内で読書する」「車内での飲食」「座席を間違える」などは許せる、というか、まぁ仕方ないとできるようです。

公共交通機関のマナー 公共交通機関で他人にされて許せない行為(男性)
公共交通機関のマナー 公共交通機関で他人にされて許せない行為(女性)

 そのほかの結果は以下の通り。

公共交通機関のマナー 迷惑行為に対して注意したことがあるか
公共交通機関のマナー 周囲の人に迷惑をかけないように意識しているか
公共交通機関のマナー 周りの人にしてもらって嬉しかった事や心温まった行為はあるか
公共交通機関のマナー 公共交通機関利用時に周囲の人の行為に迷惑だと感じたことはあるか

 調査は2019年7月23日〜7月26日に10代〜70代の男女1133人を対象にインターネット上で行われました。多くの人が利用する公共交通機関。皆さん、この結果はいかがだったでしょうか。

大泉勝彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.