ニュース
» 2019年08月25日 20時30分 公開

「まどマギ」から「天気の子」まで、2010年代アニメを読み解く書籍 『ぼくらがアニメを見る理由 2010年代アニメ時評』発売

ライムスター・宇多丸さんが推薦しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 アニメ評論家・藤津亮太さんが2010年代のアニメ作品を分析・読み解く一冊、『ぼくらがアニメを見る理由 2010年代アニメ時評』が発売中です。価格は税別2400円。


ぼくらがアニメを見る理由 2010年代アニメ時評 アニメ評論家 藤津亮太 分析 批評 『ぼくらがアニメを見る理由 2010年代アニメ時評』(フィルムアート社)

 2010年代アニメの何が人を惹き付けてきたのか。その問いを、「魔法少女まどか☆マギカ」「けものフレンズ」などのテレビ放映作品から、「この世界の片隅に」「天気の子」などの劇場作品、さらに「LEGO(R) ムービー」「父を探して」といった海外作品にも触れ、幅広い視点から読み解きます。


ぼくらがアニメを見る理由 2010年代アニメ時評 アニメ評論家 藤津亮太 分析 批評 藤津亮太さんトークイベント&サイン会の詳細は「大盛堂書店」公式サイトまで

 著者の藤津さんは、2003年の「アニメーション評論文コンテスト」で最優秀賞を受賞したことで知られ、著書は『アニメ「評論家」宣言』(扶桑社)、『チャンネルはいつもアニメ―ゼロ年代アニメ時評』(NTT出版)など。今回の2010年代アニメ時評の帯には、ラッパー/「アフター6ジャンクション」パーソナリティーの宇多丸さんから、

「藤津さんならではの明晰でフラットな視点が、『知ってるつもり』だった作品たちの輪郭を、改めてくっきりと浮かび上がらせてゆく!――この風通しの良さこそ、いま必要とされる『批評』の仕事だと思う。」

 と、熱の入った推薦文が寄せられています。

 収録されている内容は、人気連載「アニメの門」で展開された時評や、各種雑誌等に掲載された論考を中心に加筆・修正を行ったもの。同書で言及される主な作品は以下の通りです。

『ぼくらがアニメを見る理由 2010年代アニメ時評』

同書で言及される作品

「星を追う子ども」「君の名は。」「天気の子」「かぐや姫の物語」「風立ちぬ。」「ハウルの動く城」「思い出のマーニー」「この世界の片隅に」「リズと青い鳥」「たまこまーけっと」「たまこラブストーリー」「リズと青い鳥」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」「未来のミライ」「鉄コン筋クリート」「true tears」「魔法少女まどか☆マギカ」「輪るピングドラム」「虹色ほたる〜永遠の夏休み〜」「エウレカセブンAO」「HUNTER×HUNTER」「SHIROBAKO」「ラブライブ!The School Idol Movie」「心が叫びたがってるんだ。」「甲鉄城のカバネリ」「コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜」「けものフレンズ」「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」「さよならの朝に約束の花をかざろう」「宇宙よりも遠い場所」「海獣の子供」「男子高校生の日常」「ガッチャマン クラウズ」「サムライフラメンコ」「アイカツ!」「THE IDOLM@STER」「Wake Up, Girls!」「ラブライブ!」「アルドノア・ゼロ」「ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」「ルパン三世 PART ?」「おそ松さん」「リトルウィッチアカデミア」「ルパン三世 PART 5」「涼宮ハルヒの憂鬱」「日常‐nichijou‐」「宇宙戦艦ヤマト2199」「花とアリス殺人事件」「監獄学園」「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」「甲鉄城のカバネリ」「ゴッドイーター」「バーチャルさんはみている」「プロメア」「マクダル パイナップルパン王子」「シュガーラッシュ」「パラノーマン ブライス・ホローの謎」「LEGO(R) ムービー」「父を探して」「ズートピア」「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」「スパイダーマン:スパイダーバース」……

※予定・順不同






Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」