コラム
» 2019年10月03日 12時00分 公開

「世利布」「便桶」「洋盞」ってどう読めばいいの? 現代人には読めない“本当に使われていた漢字の読み方”(1/6 ページ)

“今の漢字”の読み方に詳しくても、読めない。

[ながさわ,ねとらぼ]


 「漢字の表記は一通りに決まる」というのが“現代人の常識”。学校のテストや入学試験では、読みから漢字を答える問題が当たり前に出題されていますし、テレビのクイズ番組でも漢字の書き取り問題は定番です。

 このとき、模範解答のほかに「別解」があるということが意識されることはあまりありません。例えば、漢字の書き取りテストで「とけい」を「土圭」と書いたら、どう採点されるでしょうか。

 今では「時計」と書くのが普通になっていますが、実はこれは当て字で、もともとの表記は「土圭」でした。かつては「度計」「斗鶏」「時辰表」などという表記もあったといいます。ことほどさように、漢字の表記というものは多様であったというのが現実の姿なのです。今回は、そんな“かつて書かれていた漢字表記”をクイズ形式でご紹介します。

ライター:ながさわ(Twitter:@kaichosanEX/ブログ:四次元ことばブログ

数百冊の辞書を保有する辞書コレクター。暇さえあれば辞書を引いている。「四次元ことばブログ」で辞書や日本語について発信中。


問題一覧

 夏目漱石が使った、次の当て字の読み方は?

【問題】世利布



       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」