ニュース
» 2019年09月17日 11時05分 公開

スーパーカー級のスペックで航続距離700キロ メルセデス・ベンツ、Sクラス相当の高級EVコンセプト「VISION EQS」披露 (1/2)

ぬるっとしたデザインがすごい。どうなってるんだ、このテールライト!?

[志田原真俊,ねとらぼ]

 メルセデス・ベンツは、ドイツで開催された「フランクフルトモーターショー2019」で高級EV(電気自動車)のコンセプトカー「VISION EQS」を発表しました。

ベンツ EV Sクラス VISION EQS(画像:メルセデス・ベンツ、以下同)

 EQシリーズはメルセデス・ベンツの電気自動車ブランドで、第1弾としてSUV(スポーツタイプ多目的車)の「EQC」が市販化されています。今回のコンセプトカーはEQS、つまり“EV版のSクラス”を目指した高級サルーンです。

 VISION EQSはセダンですが流麗なクーペのフォルムを取り入れ、いわゆる「4ドアクーペ」のデザインを採用しました。スチール、アルミニウム、カーボンを使った複合素材で作られた流麗なボディラインだけでなく、細部のデザインにも注目。無数のLEDが埋め込まれたグリル(っぽい部分)や細かな点が並ぶテールライトはとても斬新で、インパクト絶大ですね。

 特にテールライト周辺は、よく見るとひとつひとつの点がベンツのロゴの「スリーポインテッドスター」になっています。

ベンツ EV Sクラス 不思議なテールライト

 最高出力は476馬力で、静止状態から4.5秒で時速100キロに達するスーパースポーツカーに匹敵する加速性能を持ちます。速さを追求する一方で最長700キロの航続距離も確保しており、なかなか実用的なスペックに感じます。

 インテリアは乗員を包み込むような変わった形状のシートが並び、一体感のあるダッシュボードやコンソールのデザインとあわせてまるで宇宙船のような雰囲気。もちろん、インフォテインメントシステム「MBUX」にも対応します。

 メルセデスはEQSを次世代EVのマイルストーンに位置づけており、今後もさらなる研究開発が続けられていくもよう。ここからどのような進化を遂げていくのかにも注目したいですね。

ベンツ EV Sクラス 未来感あふれる内装
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」