ニュース
» 2019年09月29日 18時30分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:ドーナツってなぜ穴があいているんですか? こぐまのケーキ屋さん(62)「どうして?どーなつ」

あのこぐま店長の“ししょう”が登場です!

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第301話〜第304話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi





「どうして?どーなつ」


こぐまのケーキ屋さん


こぐまのケーキ屋さん


こぐまのケーキ屋さん


こぐまのケーキ屋さん


みんな大好きドーナツのなぞ

 新メニューとして「つやよし! ふわふわよし!! あなよし!!」なドーナツを作った、こぐまのケーキ屋さん。おいしいのは間違いないですが、ふと「ドーナツってなぜ穴があいているんですか?」と疑問が浮かぶ店員さんに、「わかりません!!」と素直に答えるこぐま店長。あれ、そういえば、なんでなんだろう……?


こぐまのケーキ屋さん

 前回のコーヒーのお話では、店長が店員さんに教えていましたが、今回のドーナツのお話では2人それぞれで自説を物語として披露しています。納得してしまいそうになる店員さんの説に対して、店長の説は初期のエピソード「みながらあるく」(第5話参照)を思い出すような内容で、その意味でもほっこりします。


こぐまのケーキ屋さん

 そして最後には、スマホデビュー済み(第253話参照)の店長が、なんと単行本読者にはお馴染みの“ししょう”に電話(!)。ドーナツの穴の理由をたずねられ、「そりゃあ…穴が開いてたほうが生地の生焼けが防げるからじゃろ…」とさすがの知識を披露しています。ちなみに店長のししょうは、単行本1巻の描き下ろしが初出のキャラクター。その訳ありの過去から、今回楽しそうに釣りをする姿に「お元気そうで何より」「出てきてうれしい」とホッとするコメントが寄せられました。

 また、今回のエピソード中に登場した、お菓子屋さん(ドーナツを売っているおじさん)は、漫画家のニャロメロン先生(@nyaromeron)が作画協力しており、ファンにはうれしいコラボとなっています。













Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.