ニュース
» 2019年10月04日 19時45分 公開

ハイスペックAMGモデルも メルセデス・ベンツ、SUV「GLC」新型を発表 音声認識や自動発進などの支援システム搭載 (1/2)

ハイパフォーマンスな「AMG」モデルも用意。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 メルセデス・ベンツは2019年10月3日、日本市場向けに新型「GLC」「GLC クーペ」を発表しました。価格は690万円(10%税込、以下同)からです。

GLC メルセデス・ベンツ 新型「GLC」(写真:メルセデス・ベンツ)

 GLCはメルセデス・ベンツ CクラスをベースにしたミドルサイズSUV(スポーツタイプ多目的車)。ハッチバックモデルとクーペモデルの2種類(関連記事)を展開しています。

 外装はクローム仕上げのアンダーガードと、2本のパワードームを備えたボンネットを配置。リアはバンパーやエキゾーストエンド、コンビネーションランプなどのデザインを変更しています。

GLC GLCの外観

 ステアリングホイールはSクラスと同じデザインを採用しました。ハンドルにはナビゲーションや車両の設定などを行う「タッチコントロールボタン」や、高速道路での渋滞時に自動発進などを行ってくれる「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」の設定スイッチを備えており、操作性を向上させています。

GLC 新型GLCの内装

 その他、内装には10.25インチのディスプレイを配置。対話型のインフォテインメントシステム「MBUX」を搭載しており、「ハイ、メルセデス」と呼びかけることで、目的地の入力や音楽の選択、ヒーターの操作などを行えます。また高速道路での車間維持機能やブレーキアシストといった運転支援機能も搭載します。

 GLCではパワートレインごとに複数のグレードが用意されています。それぞれの価格はGLCが690万円から1487万円、GLCクーペが721万円から1519万円となっています

GLC 新型GLC、GLCクーペの価格表


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」