ニュース
» 2019年10月07日 08時00分 公開

「ぐりとぐら」の切手が誕生 絵本そのままのやさしい世界

黄色いカステラにあこがれた人も多いはず。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 日本郵便は「ぐりとぐら」をテーマにした特殊切手「絵本の世界シリーズ 第3集」を11月28日に発売します。

特殊切手ぐりとぐら 特殊切手「絵本の世界シリーズ 第3集」ぐりとぐら

 「ぐり」と「ぐら」は野ねずみの双子の兄弟。青いつなぎと赤いつなぎがトレードマークです。作者は中川李枝子さん・山脇(大村)百合子さん姉妹。1963年の誕生以来、愛され続けている絵本です。

 今回の切手は「ぐりとぐら」や「ぐりとぐらのえんそく」など、絵本の場面からデザインしたもの。切手の周りにも植物や動物たちが描かれており、やさしい雰囲気になっています。

特殊切手ぐりとぐら シート構成

 特殊切手「絵本の世界シリーズ 第3集」は、シール式の84円切手が10枚セットになっており、価格は840円。全国の郵便局や郵便局のネットショップ(掲載は11月28日予定)で取り扱います(発行枚数:300万シート)。

切手の元になった絵本(全て福音館書店)

(1)「ぐりとぐらのえんそく」(初版:1979年4月1日)

(2)〜(5)、(7)、(8)「ぐりとぐら」(初版:1963年12月1日)

(6)「ぐりとぐら 絵はがきの本」(初版:2005年11月10日)

(9)「ぐりとぐら うたうた 12つき」(初版:2003年10月15日)

(10)「ぐりとぐらかるた」(初版:1984年8月25日)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.