ニュース
» 2019年10月08日 10時58分 公開

「はたらく理由」ランキング発表 8割以上が「お金のため」と回答、「やりがい」はわずか3.5%

人は何のために働くのか。

[小林夏帆,ねとらぼ]

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」とオリコン・リサーチが共同で20〜30代に「はたらく理由」についてアンケートを実施。8割以上が「お金のため」と回答する結果となりました。

はたらく理由ランキング 働き方が多様化する現在の「はたらく理由」とは

 アンケートの対象となったのは20〜30代の働く男女1000人。はたらく理由ランキングのトップ3は、1位「お金のため:生きていくため」(56.3%)、2位「お金のため:趣味や嗜好品を豊かにしたい」(19.4%)、3位「お金のため:家族を支えるため」(8.1%)と、「お金のため」に準じた項目が独占しました。

はたらく理由ランキング 「お金のため」が上位3位を独占

 1位の「お金のため:生きていくため」は、56.3%と半数以上を占めています。これについて、20代が「親から自立して生活するため」「奨学金返済のため」など、経済的な自立を回答理由に挙げている一方、30代からは「老後を安定して送りたい」「年金はあてにならない」など、将来に対する不安が挙げられ、世代によって回答理由に大きな差が出る結果となりました。

 2位には「お金のため:趣味や嗜好品を豊かにしたい」がランクイン。20代・30代ともに「趣味があるから頑張って働こうと思える」「欲しいものを買って生活を豊かにしたい」など、プライベートを充実させたいという理由が多く挙がっています。

 3位の「お金のため:家族を支えるため」は、回答者の約9割(90.1%)が30代という結果に。理由には「家族みんなが楽しく暮らしていくのに必要」「子どもに選択肢を与えられるようにしたい」などが挙げられ、結婚や出産などのライフスタイルの変化により「はたらく理由」が変化したことをうかがわせる結果となりました。

 また、7位にランクインした「社会とのつながりをもちたい」では、この項目を選んだ女性回答者の約5割(46.7%)が、産休・育休中の孤独から、社会とのつながりをもつことで「自分の存在意義を見いだしたい」と考えていることが分かりました。

 年代やライフスタイルによって、人生で重視することや価値観が大きく変化し、それに合わせて、何のために働くのか、なぜ働くのかといった「はたらく理由」も刻々と変化しているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響