ニュース
» 2019年10月09日 07時00分 公開

「日本沈没2020」がNetflixで2020年配信へ 小松左京の傑作小説を湯浅政明監督が初のアニメ化

“ごく普通の家族の物語”を通じて、“いま描かれるべき日本沈没”を描き出す。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 小松左京さんのベストセラー小説『日本沈没』が、湯浅政明監督によるNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」として制作決定。2020年に全世界独占配信されることがティーザービジュアルとともに発表されました。

日本沈没2020 湯浅政明 Netflix 小松左京 2020年 公開された「日本沈没2020」ティーザービジュアル

 小松さんが1973年に発表した原作小説は、「日本人が国を失い放浪の民族になったらどうなるのか」をテーマに据え、大規模な地殻変動により次々と海底に没していく日本列島と、それにともなう日本人の国外脱出を壮大なスケールで描き、累計470万部のベストセラーに。同年に実写映画化された他、2006年には「シン・ゴジラ」などで知られる樋口真嗣監督がメガホンを取り再映画化されてきました。なお、2006年の映画公開に併せ、小説の続編に当たる『日本沈没 第二部』も谷甲州さんとの共著という形で出版されています。

 同作の初アニメ化に挑むのは、「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」「きみと、波にのれたら」などの作品を送り出してきた湯浅監督。物語の舞台は、2020年の東京オリンピック直後の日本。これまでの『日本沈没』の映像作品では描かれることが少なかった“ごく普通の家族の物語”を通じて、“いま描かれるべき日本沈没”を描き出すとしており、公開されたティーザービジュアルでは、未曽有の天変地異により崩壊した都市の中で一歩前に踏み出そうとする主人公たちの姿が確認できます。

日本沈没2020 湯浅政明 Netflix 小松左京 2020年 湯浅監督。作品公開が続くけど頑張って!

 Netflixオリジナルアニメシリーズとしては「DEVILMAN crybaby」以来2作目となる湯浅監督作品ですが、その特徴的な画調は「DEVILMAN crybaby」でも原作者の永井豪さんから高い評価を受けるなど定評があり(関連記事)、全10話で描き出す「日本沈没2020」でもその力がいかんなく発揮されるとみられます。

 なお、湯浅監督作品としては、テレビ朝日の開局60周年記念で製作された「クレヨンしんちゃん」シリーズの外伝最新作「SUPER SHIRO」が10月13日からAbemaTVとビデオパスで独占配信。また、2020年放送予定のテレビアニメ「映像研には手を出すな!」や、能楽師・犬王の実話を基にした古川日出男さんの小説『平家物語 犬王の巻』をミュージカルアニメーションとした「犬王」の公開も控えています。過密すぎぃ!

湯浅監督コメント

国ってなんだ? 日本人ってなんだ? 生まれた場所とそこの環境で何が決まるの? 決まらないの?

子供の頃に疑問に思った自分へ答えるべく、このビッグタイトルへ挑みます!

オリンピックイヤーに起きた、国家の存亡にかかわる天変地異の中を避難する一つの家族と、たまたまそこへ居合わせた人たち、出会う人々にフォーカスし、大災害の顛末を描きます! ご期待ください。 


小松実盛(小松左京さんの次男)コメント

アニメ「日本沈没2020」は、これまでの『日本沈没』から派生した劇場版映画、テレビドラマ、コミックとは全く異なる点があります。

地殻変動の詳細や政府の対応、海外からの支援も何もかもがわからない目隠し状態に投げ出されてしまった、令和の時代に生きる等身大の日本人一家に焦点が当てられているのです。

小松左京が『日本沈没』に込めた――“恐るべき危機を乗り越え生き残った日本人だからこそ、人類社会が直面する様々な危機への解決に貢献でき、世界で見直され、未来に特別な役割を果たせる”という想い。

「日本沈没2020」を、世界中の人々に、日本が誇るアニメーションの手法を駆使した作品として楽しんでもらうと同時に、物語に込められた“災害への警鐘”と“危機を越え未来を切り拓く”というメッセージを受け取っていただければ幸いです。


(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」