ニュース
» 2019年10月18日 18時00分 公開

「マレフィセント」から5年――上戸彩、苦しんだプリンセス役乗り越え生まれた“変化”とは

約5年ぶりに再びオーロラ姫の声を務めます。

[のとほのか,ねとらぼ]

 ディズニー長編アニメーション映画「眠れる森の美女」(1959年)で悪役として描かれたマレフィセントにスポットを当て、新たな伝説を描いた実写映画「マレフィセント2」が10月18日から公開中です。

上戸彩 マレフィセント2 オーロラ姫 ディズニー 10月18日から公開中 (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 「眠れる森の美女」は、マレフィセントの呪いによって永遠の眠りについたオーロラ姫が、王子様の“真実の愛”によって目を覚ますというストーリーでしたが、2014年公開の「マレフィセント」は、もともと心優しい妖精だったマレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が恋人の裏切りによって闇落ちするも、オーロラ姫(エル・ファニング)を通して“真実の愛”に目覚める物語となっていました。

 母娘のような愛情で結ばれた2人でしたが、続編となる「マレフィセント2」では、オーロラ姫婚礼の裏に隠れたワナにより、2人の絆が脅かされます。

 キャストは、前作から引き続きマレフィセント役をアンジェリーナ・ジョリー、オーロラ姫役をエル・ファニングが担当し、日本語吹き替えでオーロラ姫を務めた上戸彩さんも続投が決定。2児の母親となった上戸さんに“5年の変化”と“これから”について聞きました。

上戸彩 マレフィセント2 オーロラ姫 ディズニー 前作に引き続きオーロラ姫の吹き替えを担当する上戸さん(写真/こた

――5年ぶりに再びオーロラ姫を演じますね。前作と今作を比べてご自身の変化はありましたか?

上戸彩さん(以下、上戸): 5年前は、自分がオーロラ姫を演じる自信がありませんでした。彼女の声が私に合っていないかもという思いがあり、自分のどの声が合うのか探りながらアフレコしていたんですが、監督から「ありのままの声で大丈夫」とお願いされました。でもエル・ファニングさんの芝居を見ながら声を入れているとだんだん声が低くなってきてしまって、てこずった記憶があります。

 そうした経験があったので、今回はとてもスムーズに演じることができました。オーロラ自身がムーア国の女王として妖精を守る立場になり、せりふに“説得力”を持たせなければいけなかったので、前作よりも大人になったオーロラ姫を感じていただけるかなと思います。

上戸彩 マレフィセント2 オーロラ姫 ディズニー (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

――こだわったシーンなどはありますか?

上戸 冒頭のシーンですね。いなくなった妖精たちを守ろうと奮起する場面は何回か録り直しました。成長したオーロラ姫が登場する大事なシーンだったので、せりふに説得力を持たせたかったのと、女王として強くなったオーロラ姫を表現するために“一言一言しっかり言葉の重みを出す”ことに気を付けながら演じました。

――具体的にその“強さ”は前作と比べてどう演じ分けましたか?

上戸: 声の太さです。あまりそういうことを意識しながらアフレコはしていませんが、しっかりした内容のせりふだったので、太さのある声を意識しました。前作からの演じ分けも特に意識はしていないですね。

 でも、この5年の間に同じくディズニー作品の「ズートピア」(2016年)ジュディ・ホップス役を始め、いろいろな声のお仕事をさせていただいていたので、声のお仕事に対しての不安はなくなりました。マイクとの距離や発声方法などコツを覚えてきた5年でもあったので、自分自身の経験が現れているんじゃないかなと思います。

上戸彩 マレフィセント2 オーロラ姫 ディズニー 写真/こた

――声のお仕事で不安を抱いたエピソードはありますか?

上戸: 「ズートピア」のとき、ダメ出しばかりされていて背中を丸くして帰るくらい落ち込みました。もとから持っていないんですけど、さらに自信をなくしましたね。

 そこからまたいくつか作品をやらせていただいて「マレフィセント2」に挑んだので、これまでよりはスムーズに終えることができて、私自身も気持ちがよかったです。

――上戸さん自身もこの5年で周りの環境が変わりましたね。その中で、マレフィセントの“母性”をどう感じましたか?

上戸: 5年前はオーロラ姫目線でしか作品を見られていなかったところがありましたが、今回はどちらかというとマレフィセント目線で作品を追いかけてしまうところがありました。マレフィセントが不器用ながらにもオーロラ姫のために頑張る姿を見て、「オーロラ姫分かってあげてよ、気付いてあげてよ」と思っていました(笑)。

 マレフィセントを演じているアンジェリーナに対しても、普段やらなそうな芝居をしている姿を見て、貴重なものを見たうれしさがありました。彼女が役を楽しんで演じている様子が画面を通して伝わってきたので、見ていて楽しかったです。

上戸彩 マレフィセント2 オーロラ姫 ディズニー (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

――最近では多くのディズニー作品が実写映画化され、あらためてディズニー作品の良さを実感している人もいると思います。実写化されたディズニー映画の素晴らしさはどこだと感じますか?

上戸: 日本でも多くの作品が実写化されていますが、原作がある作品は、すでにイメージができあがっているだけに大変だと思うんです。でも、ディズニーは期待を裏切らない。世界中の多くの人に認められるものを作れる、アニメーションを実写化できてしまうディズニーはすごいですね。4歳の娘にも「マレフィセント2」を見せたいなと思っています。

――環境の変化や経験の積み重ねを経て、次にやってみたい役などはありますか?

上戸: これまでいろいろなことをやってきたので、逆に自分がこれからどういう役ができるのかが分からないので、新境地を開いてくれる監督と出会いたいです。

 映画を見に行って、「この女優さんはすごい」「自分にはできないな」と思うこともまだまだたくさんありますし、アフレコをしていても「私、こういう声が出せるんだ」と気付くこともあるんですが、そういう自分の知らない面に出会うためにどうすればいいのか自分では分からないので、新しいものと出会わせてくれる作品や私を料理してくれる方々に出会いたいです。自分にも分からない自分の新しい表情に出会いたいなと思っています。

上戸彩 マレフィセント2 オーロラ姫 ディズニー 写真/こた

プレゼントキャンペーンのお知らせ(※すでに終了しています)

ねとらぼエンタの公式Twitterをフォローし、本記事を告知するツイートをRTしてくださった方の中から抽選で1名に上戸さんのサイン入りチェキをプレゼントするキャンペーンを実施します。リプライでの感想もお待ちしています!

上戸彩 マレフィセント2 オーロラ姫 ディズニー

Twitterキャンペーン応募方法

(1)ねとらぼエンタ公式Twitterアカウント(@itm_nlabenta)をフォロー

(2)本記事の告知ツイートをRTで応募完了


応募期間

10月18日〜10月25日正午まで

注意事項

・当選者には編集部よりDMにてご連絡いたします。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください

・いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処分します

・ご応募完了時点で、アイティメディアのプライバシーポリシーへご同意いただいたものと致します。応募前に必ずご確認ください

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」