ニュース
» 2019年08月09日 07時30分 公開

「物語の命の火を消さないでいたい」ージョン・ファヴロー監督、「ライオン・キング」に吹き込んだ新たな“魂”

監督が「ライオン・キング」を語り直す理由。

[のとほのか,ねとらぼ]

 1994年に公開されたディズニーのアニメーション作品を、最新の技術を駆使して映画化した「ライオン・キング」が8月9日に公開されました。劇中で走り回るシンバやティモン、プンバァ、ナラといったおなじみのキャラクターたちが、“超実写”とうたわれるにふさわしいリアルな姿となって再び私たちの前に現れます。

 「ライオン・キング」の監督を務めたのは、主人公以外全てCGを用いた実写版「ジャングル・ブック」(2016年)で実績のあるジョン・ファヴロー。今回行なった監督へのインタビューでは、長きにわたって愛されるオリジナルへのリスペクトを語ってくれました。

ライオン・キング ジョン・ファヴロー ディズニー ジャングル・ブック ジョン・ファヴロー監督がねとらぼに語ってくれました

――まるで自分がその場にいるような素晴らしい映像でした。あらためて、具体的にどのように撮影したのか教えてください。

ジョン・ファヴロー監督(以下、ファヴロー): 全てコンピューターで制作していて、物理的な撮影はしていません。作り方としては、ピクサーのようなアニメーションと似ています。

 他の作品と決定的に違うのは、VR空間で撮影をしたこと。撮影スタジオにカメラはなく、VRで作った世界の中にヘッドセットを付けて入ると、その中に撮影の機材があって、コンピューターにどんなカットを撮影するかというカメラワークを指示できるというものです。

 (自身が撮影した撮影現場の動画を見せながら)スタジオにはたくさんのモニターがあって、VRの世界に入らなくても、どう撮影されているのか確認できるようになっています。それを見ながら、例えば「(ムファサとスカーの崖のシーンで)スカーをもう少し左に動かして」と指示をしてVR空間でのカメラの動きを決めていきました。

 キャラクターは、本物の生き物のように動かしたかったので、実際のライオンの動きをコピーしました。(本物のライオンとモデリングしたライオンを比べた映像を見せながら)これは、5つの別のライオンの映像をつなげて、モデリングしたキャラクターに取り入れることで自然な動きにしています。

ライオン・キング ジョン・ファヴロー ディズニー ジャングル・ブック (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ライオン・キング ジョン・ファヴロー ディズニー ジャングル・ブック (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

――ある意味実写との融合と言えますね。よりリアルに近づいた一方で、ディズニー・アニメーション特有のコミカルな動きや表情の動きなどは制限されてしまったように感じました。

ファヴロー: 人間的な表情をキャラクターたちに表現させてしまうと変なので、そういう選択肢は僕たちにはありませんでした。テスト段階では、表情を感情的に表現させてみたこともありましたが、やはり僕たち自身が違和感を覚えてしまったんです。

 それに、1994年に公開されたオリジナル版が本当に素晴らしい作品で、四半世紀たった今でも全く色あせていません。それを、ピクサー的なCGアニメーションとして全く同じものを作ったとしても、たぶんそれを見たいとは思わないですよね。それなら、新しいテクノロジーと素晴らしい音楽を使ったドキュメンタリー映像のようなアプローチで、映画を見た人が「これはリアルなんじゃないか」と見たこともないようなイリュージョンに圧倒されて、その世界に没入してもらう方を選択しました。

ライオン・キング ジョン・ファヴロー ディズニー ジャングル・ブック (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

――2016年に「ジャングル・ブック」を制作した際、「何が現実かわからない状態を作り出すことがゴール」とおっしゃっていましたが、「ライオン・キング」では何を目指していましたか?

ファヴロー: この作品に本物は何もないし、見る人も最初から偽物だと分かって見るので、「ジャングル・ブック」よりも困難でした。その中でのゴールというのは、できるだけ現実的にすることでした。

 方法としては、撮影の仕方は逆に人間的であること。あまりにも完璧すぎると、実写的ではなくなってしまうからです。それから、キャラクターに本物の生き物たちがすること以上の行動をさせないことも大切でした。観客がイリュージョンを感じること自体に僕は力があると思っているので、そのイリュージョンを崩さないようにしました。

ライオン・キング ジョン・ファヴロー ディズニー ジャングル・ブック (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

――リアルを追求する上で、監督が大事にしていることは?

ファヴロー: 答えるのが難しいな……一貫性ということかな。例えば、他がしっかりできているのに、1つ失敗してしまうと、それだけで説得力がなくなる。信ぴょう性のレベルが全部同じところに到達するよう意識しています。

 人間が「リアルじゃない」と感じるのは、重力と物理。例えば、ライオンがある場所から違うところにジャンプして移動するときの重力の移動を表現するのは一番難しい。その表現をそのまま映すと、見ている人が違和感を覚えるから、あえてカット割りをしていたりするんです。

――CGの限界は感じましたか?

ファヴロー: プロジェクトごとにいろいろなことが可能になっています。「アイアンマン」(2008年公開)のころは、金属だったらCGは違和感なく使えるけれど、他はどうかな、と思っていましたが、「ジャングル・ブック」のころにはCGで毛並みを表現できるようにまでなりました。毛や量子の動かし方は、開発に時間がかかりますが、一度こういう風に表現したら映画として美しいということが分かれば次に取り入れることができます。

 限界というところで言うと、人の表情は今の技術ではまだ作れません。本物の人間と変わらずに見えるものができていないんです。でも、もう少ししたらできるようになるみたいですよ。そうなったらちょっと怖いよね(笑)。

――視覚的な部分以外で監督が「ライオン・キング」に加えた新しさとは?

ファヴロー: キャスト。吹替で見る人、字幕で見る人それぞれいると思いますが、オリジナルキャストにはシンバ役にドナルド・グローヴァー、ナラ役にビヨンセ、その他にも素晴らしい演者が参加してくれています。全員が、「ライオン・キング」のストーリーに対して深い情熱を持っているし、僕の作品に参加したいという熱意も持っていました。僕たちは、94年版を今回の新しいもので置き換えようと思っていたわけではなく、94年版を祝福したいと思っていました。

動画が取得できませんでした

 だから、94年版の方が好きだと言われても悪い気持ちにはなりません。ただ、新たに「ライオン・キング」のスピリットをきちんと捉えた作品を見てみたいと思うならぜひ見てほしい。僕たちも頑張って作ったし、素晴らしい体験をしてもらえると思う。この作品を見て、94年版を見てもらえるきっかけにもなるかもしれないしね。

 僕が9歳か10歳のときに、リメイクした「キングコング」(1976年)を見に行って、それから第1作目の1933年の作品を見ることになりますが、それが今でもお気に入りの1本になっています。リメイク作品を見なければそもそもキングコングに出会っていませんでした。

 私たちが愛する物語を新しい技術などを使いながら、次の世代へと受け継いで、物語の命の火を消さないでいたいと思っています。

ライオン・キング ジョン・ファヴロー ディズニー ジャングル・ブック

ライオン・キング

2019年8月9日(金)公開

ストーリー

 映画、演劇、音楽と頂点を極めた「ライオン・キング」が、 世界最高峰の“キング・オブ・エンターテインメント”へと進化。それは圧巻の名曲の数々と、実写もアニメーションも超えた“超実写版”映像による、映画の世界に入り込むような未知の映像体験! 父を失い、王国を追放された子ライオン<シンバ>は、新たな世界で仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていきます。王となる自分の運命に立ち向かうために……。全ての人に“生きる意味”があると気付かせてくれる壮大な物語が、この夏、全人類の心をふるわせる──。

スタッフ/キャスト

監督・製作:ジョン・ファヴロー

声:ドナルド・クローヴァー/賀来賢人(シンバ)、ビヨンセ・ノウルズ=カーター/門山葉子(ナラ)、セス・ローゲン/佐藤二朗(プンバァ)、ビリー・アイクナー/ミキ亜生(ティモン)、キウェテル・イジョフォー/江口洋介(スカー)ほか

ライオン・キング ジョン・ファヴロー ディズニー ジャングル・ブック (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

「ライオン・キング」関連記事


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる