連載
» 2019年10月24日 18時00分 公開

願いと祝福、新時代のプリキュア映画は子どもたちに何を伝えたのか? 「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」を見てサラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

映画スタプリ、2日間で3回見に行くほどには最高の映画でした。心が温かくなります。

[kasumi,ねとらぼ]
プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー

 「宇宙で一番、優しい変身シーンを見た。これは願いの映画だ」。

 映画館から出た僕は、最初にそう思いました。

 「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」。お星さま誕生を巡る物語は優しさと願いに満ちた、僕にとって2019年最高の映画だったのです。

(※本記事には映画の重要なネタバレはありませんが、ストーリーの展開について少々触れています)。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー お星さま誕生の物語は優しさに満ちていました

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



映画スター☆トゥインクルプリキュア

 2019年10月19日。「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」が公開されました。プリキュアシリーズ第16作目「スター☆トゥインクルプリキュア」の秋の単独映画にして、プリキュア映画としては通算27作品目となる作品です。

 監督は2016年「映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」の田中裕太さん、脚本も同作品を手掛けた田中仁さんと「映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」のコンビが再集結しました(この2人はテレビシリース「Go!プリンセスプリキュア」も手掛けていて、プリキュアファンの間でも人気の高いコンビですよね)。

 自分としても期待値マックスで見に行ったのですが、その期待値を大きく上回る、いや自分が想像していたもののはるかに斜め上を行くびっくりする程の面白さだったのです。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー 6月に公開されたイメージビジュアル


 公開前より「いつものプリキュア映画とはちょっと違う」ことが公言されていた本作(大人向けな感じのイメージビジュアルなども公開されました)。

 実際、この映画では終盤にプリキュアの新しい時代を象徴するような、ある「しかけ」が用意されていました。歴代のプリキュア映画とはちょっと趣の異なるラストシーンの演出。美しい音楽と映像で演出される「ラスト10分」は、「スター☆トゥインクルプリキュア」という作品を象徴するような「願いと優しさ」に満ちていたのです。

 だからこそ、この映画のラスト10分をたくさんの人に見てほしい。たくさんの人に、感じてほしい。想像してほしい。そう思わずにはいられないのです。

 プリキュア映画は子どもへ配慮して70分という短めの映画なのですけど、冒頭、宇宙から始まり沖縄を経由し世界各地を巡り、再び宇宙に行くという密度の濃い展開をこの時間に凝縮する構成はお見事としか言いようがありません(というか、この内容をどうやって70分に収めていたのか今でも分かりません。2時間くらいの内容ですよね)。

 もちろん、プリキュアのことを全く知らない人でも十分に楽しめる内容となっています。もし、今あなたが単純に「面白い映画」が見たいと思ったのならば、ぜひこの映画をご覧ください。損はさせませんよ。


プリキュアと言葉が通じないユーマの物語

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー 本作品はひかる(右)とララ(左)の物語

 この映画は、プリキュアの元に突然現れた不思議な生物・ユーマとの物語です。もちろんスタプリ全員が活躍するのですが、この映画では星奈ひかる(キュアスター)と羽衣ララ(キュアミルキー)を中心に物語が展開されます。

 映画冒頭は、「スター☆トゥインクルプリキュア」5人の宇宙でのアクションシーンから始まり、気分を盛り上げます(宇宙空間を飛ぶ姿がみんな違って個性的なのですよね)。子どもたちに存分にアクションを堪能してもらったところで、今回の物語のカギとなる宇宙生物ユーマとの出会いが訪れます。言葉がしゃべれないユーマ。ふとしたことがきっかけで音楽でコミュニケーションが取れることが分かり、ひかるとララはユーマとの友情を深めていきます。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー 物語のカギとなるUMA(ユーマ)

 沖縄に修学旅行中のえれな(キュアソレイユ)とまどか(キュアセレーネ)も合流し、ストーリーは加速していきます。

 この高学年組が修学旅行で来ている沖縄の海や街並みが本当に美しく描写されているのですよね。これも映画の見どころの1つです。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー 沖縄に修学旅行中のえれなとまどか

 また、ひかるとララはユーマの力を使って「世界各所のミステリースポット」にも出向きます。このシーンのひかるとララとユーマとフワが本当に楽しそうにしているのですよね(この沖縄と世界ミステリースポットの美しい描写は、後の重要な伏線になっていますので、お見逃しなく)。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー ウユニ塩湖ではしゃぐ4人

 ゆったりとした雰囲気の中、ユーマとプリキュアの友情が深まっていくのですが、そこはプリキュア映画。中盤、「宇宙ハンター」と呼ばれるユーマを狙う悪いヤツらが登場するのです。で、ここでのアクションシーンが超カッコイイのです。1vs1となる構図が大好きな自分としては、事前公開されていた「12星座ドレス」を駆使しての戦闘シーンは目を見張るものがありました。敵は強いが、プリキュアはもっと強い。子どもたちの声援を受けたプリキュアは無敵なのです。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー ユーマを狙う宇宙ハンターとの戦い

「宇宙一、優しい変身シーン」

 さて。プリキュア映画の定番としては、「ラストに巨大なラスボスが降臨、ピンチになりながらもミラクルライトの光で力を取り戻し、逆転勝利!」というものがあります。もちろんこの展開も超アツいのですけど、今作ではラストの展開がいつもと異なります。

 今作はラスボスを倒して終わり、という単純な構成ではないのです。むしろ、そこから始まる「物語」がこの映画の見どころの1つといっても過言じゃありません。

 歌がキーワードとなっている本作。その象徴は「変身シーン」に現れます。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー 途中ひかるとララは絶望の海にのまれてしまう

 終盤、キュアスターとキュアミルキーは「敵と戦うため」ではなく「ある目的」のために変身します。歌いながら、踊りながら変身していくその姿は、美術背景の美しさ、光の演出と相まってある種の神々しさすら感じ、この変身シーンはこの映画を象徴する名シーンの1つとなっています。

 僕は、「宇宙で一番優しい変身シーン」だと感じました。この変身シーンを見るだけでも劇場に足を運ぶ価値がある、プリキュア映画が持っている「熱量」を全て「優しさ」に変換したようなステキな変身シーンなのです。

 「スター☆トゥインクルプリキュア」は、「敵と戦うため」だけに変身するのではないのです。いつだって「大切な友達を守るため」に変身するのです。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声