連載
» 2019年10月24日 18時00分 公開

願いと祝福、新時代のプリキュア映画は子どもたちに何を伝えたのか? 「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」を見てサラリーマン、プリキュアを語る(2/2 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

ラスト10分の「願い」

 そこからの「ラスト10分」の展開は、プリキュア映画の歴史の中でも「こんなの、見たことない……すごい……」と言葉を失うものでした。ド派手なアクションではなく、「優しさ」がスクリーンからあふれてくるような音楽と光の演出。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー 主題歌「TwinkleStars」をバックに踊る5人のプリキュア。手にはミラクルライト

 それは「願い」でした。

 プリキュアの映画では子どもたちに「ミラクルライト」が配られます。ピンチになったプリキュアに子どもたちがライトを光らせて応援すると、その思いが伝わりプリキュアがピンチから脱出、大逆転への布石になる、という代物です。

 今作では主に2回ミラクルライトを使う場面があるのですが、後半のミラクルライトの使い方が今までのプリキュア映画とは異なります。

 子どもたちはプリキュアを応援するためにライトを使うのではないのです。プリキュアと一緒に「ある物」を作り上げるためにミラクルライトを振るのです。スクリーンの前の子どもたちはプリキュアに「力を託す」のではなく、プリキュアと一緒になって、あることをするのです。

 子ども向け映画として、これほど幸せな展開はありませんよね。歌を歌いながら、踊りながら、みんながプリキュアになるのですもの。言葉はなくも思いは通じ合う。音楽の力って、すごい。


SFとしての完成度

 本作は、「SF作品」として見ても完成度が高いものと思われます。オープニングは「超新星爆発」(と思われる)シーンから始まるくらいのSF度です(子どもには分かりづらいと思ったのかパンフレットには「星の一生」が分かりやすく記載されています)。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー SF映画としての完成度も高い

 異生物との言語を介さないコミュニケーションや、多様な宇宙人との共生、善意と悪意、星の一生、流れゆく時間。

 この映画は「お星さま誕生を巡るSF物語」としても十分に楽しめると思います。


「キラやばー☆」に注目

 あと、個人的にはこの映画では星名ひかるの「キラやばー☆」に注目してほしいのです。彼女の口癖でもある「キラやばー☆」。すごいものを見たときにテンションを上げて発せられる星奈ひかるの「キラやばー☆」はテレビシリーズでもおなじみですよね。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー テレビシリーズでもおなじみの星奈ひかるの「キラやばー☆」

 映画で、星奈ひかるは都合7回「キラやばー☆」を言っています(数えました!)。その中でも、終盤のあるシーンで発せられる「キラやばー☆」は「キラやばー☆」史上最高に「キラやばー☆」なのです。

 星奈ひかるの新しい一面が見られる希望と祝福にみちた「キラやばー☆」。個人的にはこの「キラやばー☆」がこの映画一番のおススメシーンなのですけど、ネタバレになるのであまり詳しくは言えないのが残念なのです(声優としての成瀬瑛美さんの演技が本当にグっとくるのです)。

 劇場でぜひこの「キラやばー☆」を聞いてほしい!


新時代のプリキュア映画として

 本映画はプリキュア15周年を終えた後の、「新しい世代のプリキュア映画」としての試金石となった作品でした。

 そこに「お星さま誕生の物語」というモチーフを持ってきたことは象徴的なことであり、ラスト10分で紡がれる「願い」はこの先のプリキュアの一生を暗示するかのようでした。

 2018年「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ」(・はハートマーク)は、「観客の思い出がプリキュアの世界を救う」というメタ構造を見せ、15年のプリキュアの歴史を再定義した作品となりましたが、今作では新しい時代のプリキュアを象徴するような「誕生」が描かれます。次の世代へ思いをつなぎ、その思いは重なり合いずっとつながっていくのです。

 もちろんこの映画には楽しいギャグシーンも多くあり、12星座ドレスのプリキュアの戦う姿も超カッコよくて(さそり座フォームのキュアソレイユの戦い方に2つ隣の席の子どもが大興奮していました)。子どもたちを飽きさせません。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー 咲き乱れるクワンソウの花

 また沖縄の海や街並み、さらには世界各地のミステリースポットが丁寧に描かれる美術背景にも注目してほしいのです。この美術背景の繊細な美しさもこの作品を名作にしている1つの点だと思います。黄色いクワンソウの咲き乱れる花畑は幻想的で本当にきれいなのですよ。いつの日か、クワンソウの花畑を見に沖縄に行きたいと思います(えれなさんの食べていたアイスも食べたいですしね)。

 あと、何と言っても羽衣ララが超絶かわいいの! 今回の映画の主役は間違いなく彼女でした。本作は彼女の成長の物語でもあるのです。

プリキュア 映画 スタプリ スター☆トゥインクルプリキュア 星奈ひかる キュアスター 羽衣ララ キュアミルキー 羽衣ララが、とにかくかわいい

 星の一生から見れば、僕たちの一生なんて一瞬です。

 それでもスクリーンの前の子どもたちが一生懸命、一瞬に、一生にともしたミラクルライトの光は何を作り上げたのでしょうか? その結末はぜひ劇場で見てほしいのです。

 プリキュアが奏でる「ラスト10分の願い」は、きっと見ていた子どもたちの心に残り続けるのだと思います。大好きな人と一緒に見た光景は、ずっとその子の中にとどまり、将来を形作っていくのだから。

 もちろん子どもたちだけではなく、大人の心にも響いているのだと思います。それは映画終了後、隣の家族連れのお父さんの目がウルウルしていたことが証明しています。

 「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」。

 見終わった後に優しさに包まれる、そんな映画なのです。

 僕もこの映画のラスト10分の「プリキュアの願い」を、きっと一生忘れない。

 たくさんの人に、あの変身シーンを見てもらいたい。

 たくさんの人に、あのラスト10分の願いを見てもらいたい。

 たくさんの人に、この映画を見てもらいたい。

 それが今の僕の願い。

 届くと良いな。


(C)2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会


関連キーワード

プリキュア | アニメ | 東映



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  4. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  5. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  6. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  7. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  8. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  9. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する