ニュース
» 2019年11月07日 15時30分 公開

エッジ効きまくりでえぇ感じやん! ホンダ、コンセプトバイク「CB4X」発表 伊ミラノのモーターショーで初公開 (1/2)

CBR650Rと同じ、直列4気筒エンジンを搭載。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 本田技研工業は11月5日(現地時間)、スポーツツーリングモデルのコンセプトバイク「CB4X」を発表しました。11月7日から10日にかけてイタリアで開催される「ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA) 2019」に出展します。

CB4X コンセプトバイク「CB4X」(写真:本田技研工業、以下同)

 CB4Xは欧州ホンダの研究開発拠点である「Honda R&D Europe」が開発を主導した最新コンセプトモデル。エンジンには「CBR650R」(関連記事)と同じ直列4気筒を搭載しており、燃料タンクが車体前方へ迫り出すように配されたデザインが大きな特徴です。

 また、フロントカウルと一体化した「アジャスタブルスクリーン」を採用しており、スクリーン位置はユーザーの好みに合わせて調整できる仕様となっています。

CB4X 側面から見たCB4X
CB4X フロントカウルと一体型のアジャスタブルスクリーンを搭載

 さらに車体後方はアルミ製のサブフレームを採用して、よりスポーティーでシャープな印象を与えるデザインに仕上げています。

CB4X 後方から見たCB4X

 イタリアのミラノで毎年行われるモーターサイクルショー「EICMA 2019」で、ホンダは今回発表した「CB4X」のほかに、スーパースポーツモデル「CBR1000RR-R」、クルーザーモデル「Rebel 500」など、数多くの2020年モデルを展示する予定です。

CB4X CBR1000RR-R FIREBLADE SP
CB4X Rebel 500


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.