ニュース
» 2019年11月19日 18時00分 公開

55年ぶりの新車種はEVに フォード・マスタング新型「マッハE」発表、最大465馬力の上位モデルも(1/3 ページ)

マスタングシリーズ、55年ぶりの新車種です。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 米国の自動車メーカー「フォード」が、同社のマスタングシリーズとしてSUVタイプの新型「マッハE」を発表しました。

フォード「マスタング マッハE」 フォード「マスタング マッハE」(写真:フォード、以下同)

 マスタングは1964年に登場した、フォードの看板シリーズ。GMの「シボレー カマロ」(関連記事)などと共にアメ車を代表するクルマです。

 そのマスタングシリーズに55年ぶりの新型車種としてラインアップされるのが今回のマッハE。SUVスタイルのEVです。

photo 車体形状はSUVとなります

 パワートレインには最大336馬力、最大トルク57.6kgf-mを出力する電動モーターを搭載します。さらにハイパフォーマンスモデルの「マッハE GT Performance Edition」は最大465馬力、最大トルク84.6kgf-mまで出力をアップする予定。停止状態から時速60マイル(約96キロ)までは3.5秒以内に到達するのを目指すなど、マスタングらしい力強さを打ち出しています。

photo アメ車らしい高馬力は健在

 SUVらしく積載量も豊富で、リアトランクは820リットルのスペースを用意。また130リットル程度のフロントトランクも用意してあり、カバンなどの手荷物であれば余裕のあるスペースを確保しています。

 スマートフォンとクルマを連動させることで、ドライバーの接近を感知してクルマのロックを自動で解除するなど、機能面でも最新鋭のシステムを導入しています。

 マッハEはすでに予約受付を開始しており、価格は36395ドル(約395万円)から。納車は2020年から始まる予定です。

photo マッハEのリアトランク
photo マッハEのフロントトランク

 ちなみにマスタングのEVといえば、1967年型のマスタングに電動モーターなどを組み込んだ「チャージ・マスタング」というモデルも話題になりました。英国の「チャージ・オートモーティブ」という会社が、フォード社の公認を受けて製造しています。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響