ニュース
» 2019年11月25日 14時30分 公開

お値段も高級、ズドンと620万円から 高級巨大ワゴン「グランエース」12月16日発売【写真45枚】 (1/3)

やっぱでけぇぇ!

[ねとらぼ]

 トヨタ自動車は11月25日、超巨大サイズで話題になったワゴンスタイルの新型車「グランエース(関連記事)を2019年12月16日に発売すると発表しました。

photo 大型ワゴン新型車「グランエース」(写真:トヨタ自動車、以下同)

 グランエースは全長5.3メートル、全幅1.97メートルの大型ボディーで、圧倒的な存在感を放つフルサイズワゴンの新型車。3列シートでゆったり6人乗りの「Premium」、4列シートで8人乗りの「G」の2タイプを設定します。

 定番のバン型車種のハイエース(関連記事)に対し、グランエースは「人が乗る/快適に移動する」ことを想定した高級ワゴンとして展開。クロムパーツを多用した派手目な外観とともに「広さを生かした、上質なおもてなし空間の車内」が魅力です。車内空間を贅沢に使う構成のPremiumは、2列目と3列目の4席に専用の「エクゼクティブパワーシート」を採用。高級ソファーのような座り心地に加え、ロングスライド機構やオットマン機構、格納式テーブルなども装備します。

 車体サイズは5300(全長)×1970(幅)×1990(高さ)ミリ、ホイールベースは3210ミリ。車内サイズは3290(全長)×1735(幅)×1290(高さ)ミリ。燃費性能はリッター10キロ(WTLCモード時)です。

 価格はPremiumが650万円(税込、以下同)から、Gが620万円からです。

トヨタ グランエース ハイエース 全長5300ミリ、幅1970ミリと巨大
トヨタ グランエース ハイエース 車内空間を贅沢に使う構成のPremiumは、2列目、3列目にまるで旅客機ファーストクラスシートのような「電動本革エクゼクティブパワーシート」を搭載
トヨタ グランエース ハイエース
トヨタ グランエース ハイエース 4列シートモデルは8人乗り、デカい! 長い!


トヨタ グランエース ハイエース (参考)セミボンネットスタイルになった海外向けの「新型ハイエース」。こちらはもっと長い全長5915ミリ
トヨタ グランエース ハイエース (参考)上海モーターショー2019で発表したレクサスの高級ワゴン「レクサスLM」


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた