ニュース
» 2019年11月25日 18時36分 公開

かわいいはずのMINIが、怖いくらいの迫力……! 306馬力のMINI史上最速モデル「John Cooper Works GP」がウルトラ速そう(1/3 ページ)

速そうだな〜、速いだろうな〜、こりゃ。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 BMWは11月20日(現地時間)、小型車ブランド「MINI」のハイパフォーマンスモデル「John Cooper Works GP」を発売しました。

MINI「John Cooper Works GP」(写真:BMW、以下同) MINI「John Cooper Works GP」(写真:BMW、以下同)

 MINIは、かつて英国のブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が製造していた小型車「Mini」をモチーフに、商標を取得したBMWが展開する小型車ブランド。日本では小型でかわいらしく、おしゃれな車体デザインでファンが多いMINIですが、BMC時代から過酷な世界ラリー選手権をはじめとするモータースポーツ活動も盛んに行う、実はハードで硬派な一面もあります。

 そんなモータースポーツ競技車を作り上げてきた伝説の名チューナーがジョン・クーパー氏。この名前を冠したJohn Cooper Works(JCW)の車名は、MINIの中でもガンッとチューニングされた高性能スポーティー仕様モデルに与えられてきました。今回のJohn Cooper Works GPは中でも突き詰めた現時点の集大成として「MINI史上最速」とする性能を備えます。

 確かにかわいいはずのMINIが怖いくらいの迫力……! エクステリアは、見る角度によってライトグレーからブルーバイオレットに移り変わる特別色「レーシング・グレー・メタリック」に加えて、鋭いアクセントとしてルーフとサイドミラーにメルティング・シルバーを採用します。ボンネット上のエアスクープや、「GP」ロゴがあしらわれたラジエーターグリル、カーボンファイバー製ホイールアーチカバー、リアスポイラーを備え、強烈なパフォーマンスを連想させるにふさわしい「武装」を施します。

 内装も本気走り仕様です。シリアルナンバーが刻印されるトリムストリップ、六角形模様が刻まれた金属製パドルシフトなどに加え、リアシートがさっぱりすっきり取っ払われ、ズンとストラットバーが装着されています。

MINI「John Cooper Works GP」のリアビュー MINI「John Cooper Works GP」のリアビュー
「MINIツインパワー・ターボ・エンジン」により最高速度は265キロメートルを実現 エンジンは306馬力までズガンと高性能化し、ゼロヒャク5.2秒、ニュル北8分以下を実現
MINI「John Cooper Works」 (参考)出力231馬力(170kW)の高性能グレード「John Cooper Works(3 DOOR)」。これもモリモリパワーでスイスイ曲がってめっちゃ速い

 パワートレインは、2リッター4気筒ターボの「MINIツインパワー・ターボエンジン」とMTモード付き8速スポーツATの組み合わせ。高性能グレードであるJohn Cooper Worksのエンジン(231馬力)をさらに最高出力306馬力にまで高め、静止状態から時速100キロまで5.2秒、最高速度時速265キロに達するまでチューニングしました。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでのテストで先代のJCWモデルより約30秒も短縮する8分以下のタイムを記録したとしています。参考までに最近の記録ではポルシェの最新EV「タイカン」(関連記事)が7分42秒なので、それに近いラップタイムを記録する性能を持つことにが伺えます。

MINI「John Cooper Works GP」の内装 MINI「John Cooper Works GP」の内装

 価格は576万円(税込)から。世界限定3000台、うち日本販売台数は240台です。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響