ニュース
» 2019年11月25日 18時36分 公開

かわいいはずのMINIが、怖いくらいの迫力……! 306馬力のMINI史上最速モデル「John Cooper Works GP」がウルトラ速そう (1/3)

速そうだな〜、速いだろうな〜、こりゃ。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 BMWは11月20日(現地時間)、小型車ブランド「MINI」のハイパフォーマンスモデル「John Cooper Works GP」を発売しました。

MINI「John Cooper Works GP」(写真:BMW、以下同) MINI「John Cooper Works GP」(写真:BMW、以下同)

 MINIは、かつて英国のブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が製造していた小型車「Mini」をモチーフに、商標を取得したBMWが展開する小型車ブランド。日本では小型でかわいらしく、おしゃれな車体デザインでファンが多いMINIですが、BMC時代から過酷な世界ラリー選手権をはじめとするモータースポーツ活動も盛んに行う、実はハードで硬派な一面もあります。

 そんなモータースポーツ競技車を作り上げてきた伝説の名チューナーがジョン・クーパー氏。この名前を冠したJohn Cooper Works(JCW)の車名は、MINIの中でもガンッとチューニングされた高性能スポーティー仕様モデルに与えられてきました。今回のJohn Cooper Works GPは中でも突き詰めた現時点の集大成として「MINI史上最速」とする性能を備えます。

 確かにかわいいはずのMINIが怖いくらいの迫力……! エクステリアは、見る角度によってライトグレーからブルーバイオレットに移り変わる特別色「レーシング・グレー・メタリック」に加えて、鋭いアクセントとしてルーフとサイドミラーにメルティング・シルバーを採用します。ボンネット上のエアスクープや、「GP」ロゴがあしらわれたラジエーターグリル、カーボンファイバー製ホイールアーチカバー、リアスポイラーを備え、強烈なパフォーマンスを連想させるにふさわしい「武装」を施します。

 内装も本気走り仕様です。シリアルナンバーが刻印されるトリムストリップ、六角形模様が刻まれた金属製パドルシフトなどに加え、リアシートがさっぱりすっきり取っ払われ、ズンとストラットバーが装着されています。

MINI「John Cooper Works GP」のリアビュー MINI「John Cooper Works GP」のリアビュー
「MINIツインパワー・ターボ・エンジン」により最高速度は265キロメートルを実現 エンジンは306馬力までズガンと高性能化し、ゼロヒャク5.2秒、ニュル北8分以下を実現
MINI「John Cooper Works」 (参考)出力231馬力(170kW)の高性能グレード「John Cooper Works(3 DOOR)」。これもモリモリパワーでスイスイ曲がってめっちゃ速い

 パワートレインは、2リッター4気筒ターボの「MINIツインパワー・ターボエンジン」とMTモード付き8速スポーツATの組み合わせ。高性能グレードであるJohn Cooper Worksのエンジン(231馬力)をさらに最高出力306馬力にまで高め、静止状態から時速100キロまで5.2秒、最高速度時速265キロに達するまでチューニングしました。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでのテストで先代のJCWモデルより約30秒も短縮する8分以下のタイムを記録したとしています。参考までに最近の記録ではポルシェの最新EV「タイカン」(関連記事)が7分42秒なので、それに近いラップタイムを記録する性能を持つことにが伺えます。

MINI「John Cooper Works GP」の内装 MINI「John Cooper Works GP」の内装

 価格は576万円(税込)から。世界限定3000台、うち日本販売台数は240台です。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.