ヒモ男からの脱出 ダメ夫から逃げた同僚描いた実話漫画に注目集まる(1/4 ページ)

ハラハラからのホッ。

» 2019年12月01日 09時00分 公開
[ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 職場の先輩がヒモ男から逃げる過程を描いた実話漫画が、ハラハラする展開で注目を集めています。

 看護師をしている作者、人間まお(@ageomao)さんの先輩Aさんは、愚痴も言わず、怒ったところを見たことがない、まさに「白衣の天使」。そんな彼女の結婚10年になる夫は、ろくに働かずに家事もしないヒモ男なのでした。

ダメ夫すぎる……

 ミュージシャン志望なのにそのための努力はせず、休みの日に公園で歌うだけ。その公園に近いからと、家賃の高い家に住み続け……ヒモ夫のせいで、Aさんは5個100円のパンを小分けにして食べるような生活をしていました。つらすぎる……。Aさんは別れたくないわけではないのですが、「話してもうやむやにされる」「別れたらストーカーになりそう」などの理由で離婚に踏み切れずにいました。しかし、当たると評判の占い師に「このままだと自暴自棄になる」と告げられ決意。

 置き手紙だけ残して出ていくことにしたAさん。仕事に行くふりをして新しい家を探し、出ていくことを悟られないよう過ごします。引っ越し当日は、夫が公園で歌っている間に速攻で荷物をまとめて運び出すことに。両親に手伝ってもらって、夜逃げのように荷物を運びます。職場でハラハラしていた人間まおさんですが、無事引っ越しが終わったという連絡に安心。職場の人達も協力して、訪ねてきた夫にAさんは辞めたとウソを付いて追い返します。

超スピード引っ越し、うまくいくかドキドキ

 その後も夫から「今度こそ本当に働くから」と電話がかかってきたり、実家にプレゼントが届いたりしましたが、Aさんの気持ちが揺らぐことはなかったといいます。幸いにも夫の両親は理解を示してくれ、夫に離婚届を書かせてくれました。

 晴れて独身となったAさん。生活に余裕が出て昼食は5個100円のパンからおにぎりと魚肉ソーセージにグレードアップし、野球観戦やオンラインゲームなど楽しく過ごすように。新たな出会いもあり、幸せな人生を送っているようです。ハッピーエンドでよかった……!

 3回に分けて更新された「職場の女性がヒモ男から逃れる話」。Aさんの引っ越しが成功するか、夫がストーカーにならないかハラハラし、離婚が成功したときには「よかった」と読んでいる方もうれしい気持ちに。夫が離婚に応じたことにも安心。夫の両親がAさんの味方をしてくれたことが大きかったのかもしれません。それにしても、仕事も家事もしないのに、誕生日に「プレゼントはないの?」とねだる夫のダメっぷりがやばい。離婚できてよかった……。

 読者からも、初回には「続きが気になる」「(Aさんには)幸せになってほしい」と手に汗を握りながら続きを待つ声が寄せられ、その後のてん末が描かれると、「良かった」「安心した」と喜びと安堵の声が殺到。似たような経験を持つ人から「自分と重ねた」といったコメントも寄せられていました。

 人間まおさんはTwitterブログにエッセイ漫画を投稿しており、実録コミックエッセイ『くず系女子。アラサーまおのカオスな日常』も出版しています。

画像提供:人間まお(@ageomao)さん

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」