ニュース
» 2020年01月04日 18時15分 公開

令和最初の「年末年始に何食べた?」 みかん、カップ麺、フルグラ、ねとらぼ編集部員の2019→2020を食事でたどる

皆さんは、大みそかとお正月に何食べました?

[Kikka,ねとらぼ]

 あけましておめでとうございます! 

 今年、2020年は東京オリンピックも控えるとてもおめでたい年になりそうです。本年もねとらぼをよろしくお願いいたします。そしてそんな2020年を迎えたねとらぼ編集部はこの年末年始に何を食べて過ごしていたのか。各記者の食卓の様子を画像付きで紹介します。

ねとらぼ編集長

 2018年末は「【速報】インフルでした(2年連続)」という衝撃の報告で編集部を震え上がらせ、ミカンしか食べられない身体になっていた加藤編集長。2019年の最後に食べたものもミカンでした。本当にミカン好きすぎるでしょ。


お正月 加藤編集長の年末

 2020年に初めて食べたものは「お雑煮」ということで、秋田出身者らしく結んだ三つ葉がしっかり入ったタイプのお雑煮を食べていました。2019年は家族が1人増えて幸せいっぱいの年になった加藤編集長。2020年も仏のような顔で「残業してる子はいねがぁ!」と言いながら編集部を引っ張っていってほしいです。


お正月 加藤編集長の年始

ねとらぼ副編集長

 2019年に新しい家族が増えてこちらも幸せいっぱいの年を過ごした池谷副編集長が年末最後に食べたものは「年越しそば」。ニシンが乗っためちゃくちゃちゃんとした年越しそばです。送ってもらった画像が高画質過ぎて驚きました。


お正月 池谷副編集長の年末

 そして2020年に最初にしたことは朝風呂に入ること。頼んでもいないのに「らくスパ 鶴見」の画像を送ってきてくれたのがいかにも銭湯オタク感をかもし出していますが、その帰りに食べた朝マックが2020年に初めて食べたものになったそうです。朝マックのハッシュポテトは本当においしい。


お正月 池谷副編集長の年始

お正月 銭湯オタクとしても著名な池谷副編集長

匿名希望の編集部員

 的確な編集業務で編集部を引っ張っていってくれるスーパー編集者、匿名希望の編集部員が、2019年の最後に食べたのは「年越しそば」。青ネギとかまぼこが入ったタイプでサッパリといただいたようです。


お正月 匿名希望の編集部員の年末

 そして2020年最初に食べたものは「お雑煮」。紅白の丸餅が入っていてとってもおめでたい雰囲気です。西日本出身ということもあって、お餅が丸いのがポイントですね……!


お正月 匿名希望の編集部員の年始

戸部記者

 2019年から新たな仲間となった戸部マミヤ記者。「ポケモン」シリーズなど、非常にゲームに詳しく、常にニコニコと仕事する様子が編集部で愛されています。そんな戸部記者が2019年最後に食べたものは「フルーツグラノーラ」。これは新しい……!


お正月 戸部記者の年末

 そして2020年最初に食べたものは「チョコレートドーナツ」でした。今年も様々な分野の取材を一緒に頑張っていきましょう!


お正月 戸部記者の年始

福田記者

 知識の豊富さからアニメ関連の記事が得意な福田記者の2019年を締めくくったのはハンバーガー。とにかくバーガーが大好きで、年中食べている福田記者ですが大みそかは「ウェンディーズバーガーUSA」をチョイス。本格的でおいしそうですね……!


お正月 福田記者の年末

 そして2020年に初めて食べたものは、「筑前煮」と「お蕎麦」でした。タケノコやレンコン、シイタケにニンジンなど鮮やかな筑前煮がおめでたい雰囲気。2020年も面白い視点の記事を読ませてください……!


お正月 福田記者の年始

Kikka

 2018年に引き続き、NHK紅白歌合戦の取材を担当してた筆者は2019年の大みそかもてんてこ舞い。「ご飯食べる時間ねぇ〜!」と叫んでいたら家族がフィンガーフードの盛り合わせを作ってくれたので、年越しギリギリにきゅうりを食べました。みずみずしくてすごくおいしかった。


お正月 Kikkaの年末

 そして迎えた2020年、まだまだやること目白押しの筆者が再び「ご飯食べる時間ねぇ!」と叫んでいたところ、家族がメロンスムージーを作ってくれました。1月1日は空に雲一つない晴れ。少しだけベランダに出て、朝の新鮮な空気を吸いながら2020年が良い年になればいいなと思いました。


お正月 Kikkaの年始。嘘みたいな写真が撮れた

ねとらぼGirlSide:青柳編集長

 女性向けメディアねとらぼGirlSideの青柳編集長は、「年越しそば」で2019年を締めくくりました。海老天やかまぼこなどが乗った年越しそばを家族で囲む姿に心まで温かくなりそうですね。


お正月 青柳編集長の年末

 そして2020年は椀物と、黒豆、栗きんとん、なますといったお正月らしいメニューを囲みました。ラジオ出演などでも人気の青柳編集長、2020年もよろしくお願いします!


お正月 青柳編集長の年始

ねとらぼGirlSide:小林記者

 2019年から新しい仲間に加わってくれた小林記者は2019年をつけそばタイプの「年越しそば」で締めくくりました。


お正月 小林記者の年末

 また2020年は稲荷ずしで幕開け。稲荷をひっくり返して、いくらと薄焼き卵を添えた豪華なスタイルが、とってもおいしそうです! 2020年もディズニー系情報など、得意の分野で編集部を支えてほしいと思います!


お正月 小林記者の年始

ねとらぼ調査隊スタッフ

 データ分析によるトレンド情報をお届けする「ねとらぼ調査隊」のスタッフは、2019年の最後を地元宮城の稲荷神社名物「こんこん汁」で締めくくりました。油揚げが入っているのが“こんこん”の由来で、これをセリに変えると仙台名物の「セリ鍋」になるんだそうです!


お正月 ねとらぼ調査隊スタッフの年末

 そして年始は「ナメタカレイの煮付け」で幕開け。なかなか渋いチョイスですが、お酒が進みそうですね……!


お正月 ねとらぼ調査隊スタッフの年始


 このほかにも日清「カップヌードルおせち」に入っていた鶏南蛮そばで2019年の年越しを果たした編集部員もおり、今年も各家庭、バラエティー豊かな御馳走が並んだようです。皆さんは、2019年末と2020年のはじめに、一体何を食べましたか?


お正月 ねとらぼ交通課:春山記者の年始

お正月

お正月

お正月

お正月お正月

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声