ニュース
» 2020年01月07日 20時14分 公開

「ごく普通のシカのゲーム」、ついにSteamで船出 さっぱり普通じゃないシカが自由に暮らす“スローライフ町破壊ゲーム”

販売はアーリーアクセス形式。発売から1年間、適宜アップデートしながら完成されます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 シカが首を伸ばしたり立ち上がって騎乗したり、さっぱり普通でないアクションが話題を呼んだ「ごく普通のシカのゲーム DeeeerSimulator」(関連記事12)が、ついに1月21日からSteamで販売されます。価格は1300円(税込)で、販売形式はアーリーアクセス。発売から1年間、適宜アップデートされながら完成へ向かう予定です。


ごく普通のシカのゲーム 原型の公開から4年目、ついにシカ年が来ちゃった(?)

ごく普通のシカのゲーム

ごく普通のシカのゲーム ふつ……う?

 同作は2017年からNASPAPA(@NANDEMOYARUDEN)さんが個人で開発してきたアクションゲーム。原型のアイデアがTwitterで広く注目を集めたのち、開発費を募るクラウドファンディングを経て、本格的に開発が進められてきました。なお、販売においてはPLAYISMがパブリッシャーを担います。


ごく普通のシカのゲーム 開発が進むうちにどんどん要素が継ぎ足され、いつしかシカは2本足で立って馬に乗れるように

 作者いわく、同作はひと言で表すと「スローライフ街破壊ゲーム」。他の動物たちとのんびり過ごすもよし、破壊活動で「シカ災害」を町にもたらすもよし、取り締まりに来た警察と戦うもよしと、要するになんでもアリです。クラウドファンディングの成功によって、“食パンになれるゲーム”「I am Bread」(関連記事)とのコラボも決定しており、カオスな世界をとことん楽しめそうです。


ごく普通のシカのゲーム 「スローライフ」(真顔)

ごく普通のシカのゲーム 人っぽいシカvsシカっぽい人

ごく普通のシカのゲーム

ごく普通のシカのゲーム 破壊活動で「シカ災害レベル」が上がると、それに応じたランクの警察が出動する、GTAチックなシステム

ごく普通のシカのゲーム 悪魔的な巨大コアラとの交戦も……ほんと、「ごく普通」ってなんだろう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン