ニュース
» 2020年01月08日 18時00分 公開

リサイクルできる有機バッテリーを搭載 メルセデス、コンセプトカー「VISION AVTR」発表 映画「アバター」にインスパイア (1/2)

カニのように横への移動も可能です。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 メルセデス・ベンツは、ラスベガスで開催中のデジタル技術見本市「CES」に、映画「アバター」をモチーフにしたコンセプトカー「VISION AVTR」を出展しました。

photo コンセプトカー「VISION AVTR」(画像:メルセデス・ベンツ、以下同)

 このVISION AVTRは、2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督が手がけたSF映画「アバター」がモチーフ。作中で描かれた世界観をモチーフに、メルセデス・ベンツが掲げる「自然と人々が調和するデザイン」というビジョンを形にしたコンセプトカー。「環境への影響ゼロ」を掲げている意欲的なクルマとなっています。

photo 正面から見たVISION AVTR

 電気自動車の動力となるバッテリーには、金属を含まない有機素材が使われており、石油などの燃料を消費しないだけでなく、リサイクルも可能となっています。VISION AVTRにはそれらのバッテリーが4つ搭載され、約475馬力(350kW)を発生。4輪駆動方式を採用しています。

 さらに、リアに設置された多方向可動フラップ「バイオニックフラップ」と、特徴的な形をしたホイールを組み合わせることで、約30度の角度でカニのように横移動することもできるそうです。

photo ホイールのデザインは映画に登場する木の実をイメージしているそうです

 操縦方法も独特で、クルマの中央にあるコントローラーに手を置くだけで直感的な制御ができる独自の操作システムを搭載。車内では搭乗者の手のひらにメニュー画面が投影され、好みの機能が選択できるようになっています。まさにSF映画の世界から飛び出してきたかのようなクルマですね。

photo VISION AVTRのコントローラー


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」