ニュース
» 2020年01月09日 11時30分 公開

キリッとした顔に大変身 ホンダ「新型FIT」の熱いコンプリートモデル「Modulo X」デビュー、オートサロンで披露(1/2 ページ)

「いいなこれ」! 間もなく新型発売のFITに、早くも「メーカー純正カスタム」が出ちゃう。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)が2020年1月10日から幕張メッセで行われるカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」の出展概要を告知。2019年に引き続き「クルマ好きが集う場」をコンセプトにしたブースでは、最新の市販スポーツモデルから、カスタマイズモデルまで多彩な2輪車や4輪車を展示します。

FIT Modulo X Concept(写真:本田技研工業、以下同) FIT Modulo X Concept(写真:本田技研工業、以下同)

 今回注目の1台は、2020年2月に発売する期待の新型コンパクト「4代目FIT」(関連記事)を早速カスタマイズしてしまったメーカー純正カスタム車「FIT Modulo X Concept」です。「Modulo X」はホンダアクセスが「走りの楽しさや質」を高めるべくメーカー純正カスタムを施した純正とはひと味違うコンプリートカーシリーズ。軽スポーツS660ベースの「S660 Modulo X」(関連記事)の高すぎる本気度がよく知られます。

 FIT Modulo Xはあくまでコンセプト展示ですが、顔つきが柔和でやさしい(画像参照)のが特徴の通常モデルに対して、フロント回りをがらりと変えて「ビッ」とした顔つきになり、何ともスポーティーで精悍なスタイルに変身します。恐らく足回りなどもよりキビキビ走れるようにチューニングを施していることでしょう。どこまで本気チューニングされているのか、実際の仕様や価格帯がとても楽しみです。

新型FIT (参考)2020年2月発売予定の新型「FIT」

 その他には、コンパクトミニバン「フリード」や、SUV「ヴェゼル」のModuloブランドのドレスアップモデルの展示、2020年1月にマイナーチェンジを予定している市販予定車「シビックセダン/ハッチバック」や「S660」も展示します。

 最上位スポーツカー「NSX」の2020年モデルもお披露目(関連記事)。「初代NSX」に採用されていた当時のカラーを復刻したという新色「インディイエロー・パールII」が見どころです。

シビックセダン シビックセダン
NSXは日本初展示となる新色「インディイエロー・パールII」を採用 NSXは日本初展示となる新色「インディイエロー・パールII」を採用
モチュール無限NSX-GT モチュール無限NSX-GT

 また、二輪・四輪を問わず幅広いホンダの競技車両もたくさん展示します。二輪ではMotoGPの2019年シリーズチャンピオンマシン「RC213V」から、ロードレース、モトクロス、トライアルの最高峰クラスで2019年のライダー・チャンピオンを獲得した3台のマシンを展示。四輪はF1マシン「アストンマーチン レッドブル・レーシングRB14」やSUPER GT「モチュール無限NSX-GT」などのマシンが見どころです。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」