ニュース
» 2020年01月12日 09時00分 公開

漫画「100日後に死ぬワニ」 新年は大吉でスタート! ……喜びをよそに進むカウントダウン“死まであと85日”

ほのぼのしたお正月だけど……。

[きくちゆうき,ねとらぼ]

 漫画家のきくちゆうき先生(@yuukikikuchi)がTwitterで連載中の、「100日後に死ぬワニ」。今回は15日目から21日目(2019年12月26日〜2020年1月1日投稿)までの、ワニの1週間を振り返ります。


アイキャッチ


↓↓↓先週の振り返り記事↓↓↓


↓↓↓最新話はこちら↓↓↓



作者:きくちゆうき

100日後に死ぬワニ

1986年生まれ。なんだかんだいろいろあって27歳でイラストレーターとして独立。連載:「SUPERどうぶつーズ」(LEED Cafe)、「どうぶつーズの漫画」(幻冬舎plus)、「100日後に死ぬワニ」

Twitter:@yuukikikuchi/Instagram:@yuukikikuchi



15日目


16日目

16日目


16日目

17日目


17日目

18日目


18日目

19日目


19日目

20日目


20日目

21日目


21日目

「今日」を幸せに過ごせてよかった

 年の瀬を迎えながら、感動した映画の続編を待ち焦がれるなど、いつも通り穏やかに過ごすワニ。ただ、そんな何気ない日常も、「彼があと3カ月弱で死ぬ」と知っている読者としては、もの悲しさを覚えずにはいられません。


映画 「○○の完結を見るまでは死ねない」といった言い回しはしばしば聞かれますが、いざこれを目にするとつらい

 そんななか、“もしも”のために用意したばかりのお肉を食べ尽くしてしまった、17日目のエピソードは少々異質。普通ならば「何のための備蓄か」となるところが、「今日を幸せに過ごせて良かったね」と、ホッとした気分に――「そう遠くない死」の前提が読み手の感情を揺さぶります。


備蓄失敗だけど、それはそれでいい

友情と幸運に包まれた年末年始、だけど……

 18日目にはうれしい出来事が。足をケガしていた親友のネズミが(5日目参照)、無事に退院したのです。4日目にも出てきた、行きつけのラーメン屋で一緒にお祝い。


ラーメン

 そして迎えた19日目の大みそか。片思いしている先輩の都合が合わず、ワニは夜道でネズミと2人、除夜の鐘にひたります。ワニのうかない顔を見て、ネズミは「ドゥクシ」と小突きながら「はよ告れし」とひと言。全て分かってくれている親友の忠告に、ワニは無言で何を思うのでしょう。


大みそか

 仲良しの2人は、初詣も一緒。ワニはおみくじで大吉を引き、「良い一年になるでしょう」と祝福されます。その一方、ネズミの結果は「凶」。ワニは「ドンマイ」と優しく声をかけるのでした。ほのぼのしたお正月の出来事なのに、読者としては全てが皮肉に聞こえてしまう……。


新年

 きくち先生は、元日には年賀イラストも投稿。ワニとネズミが笑い合う、とても和やかな絵面なのですが、リプライでは「これが見られるのも最初で最後か……」と、悲観的な声が目立ちます。仕方ないことではあるけれども。


 それでも、「ワニさんにはこのまま一生笑っててほしい」「来年もおめでとうと言えますように」と祈る声も少なくありません。ワニの一生がどのような結末を迎えるのか、まだまだ分かりませんが、せめて最後は笑顔であってほしい……。


死まであと79日



【つづき】 週間まとめ「100日後に死ぬワニ」 のどかな寝正月の間にも淡々と進むカウントダウン“死まであと78日”



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ