ニュース
» 2020年01月12日 09時00分 公開

漫画「100日後に死ぬワニ」 新年は大吉でスタート! ……喜びをよそに進むカウントダウン“死まであと85日”

ほのぼのしたお正月だけど……。

[きくちゆうき,ねとらぼ]

 漫画家のきくちゆうき先生(@yuukikikuchi)がTwitterで連載中の、「100日後に死ぬワニ」。今回は15日目から21日目(2019年12月26日〜2020年1月1日投稿)までの、ワニの1週間を振り返ります。


アイキャッチ


↓↓↓先週の振り返り記事↓↓↓


↓↓↓最新話はこちら↓↓↓



作者:きくちゆうき

100日後に死ぬワニ

1986年生まれ。なんだかんだいろいろあって27歳でイラストレーターとして独立。連載:「SUPERどうぶつーズ」(LEED Cafe)、「どうぶつーズの漫画」(幻冬舎plus)、「100日後に死ぬワニ」

Twitter:@yuukikikuchi/Instagram:@yuukikikuchi



15日目


16日目

16日目


16日目

17日目


17日目

18日目


18日目

19日目


19日目

20日目


20日目

21日目


21日目

「今日」を幸せに過ごせてよかった

 年の瀬を迎えながら、感動した映画の続編を待ち焦がれるなど、いつも通り穏やかに過ごすワニ。ただ、そんな何気ない日常も、「彼があと3カ月弱で死ぬ」と知っている読者としては、もの悲しさを覚えずにはいられません。


映画 「○○の完結を見るまでは死ねない」といった言い回しはしばしば聞かれますが、いざこれを目にするとつらい

 そんななか、“もしも”のために用意したばかりのお肉を食べ尽くしてしまった、17日目のエピソードは少々異質。普通ならば「何のための備蓄か」となるところが、「今日を幸せに過ごせて良かったね」と、ホッとした気分に――「そう遠くない死」の前提が読み手の感情を揺さぶります。


備蓄失敗だけど、それはそれでいい

友情と幸運に包まれた年末年始、だけど……

 18日目にはうれしい出来事が。足をケガしていた親友のネズミが(5日目参照)、無事に退院したのです。4日目にも出てきた、行きつけのラーメン屋で一緒にお祝い。


ラーメン

 そして迎えた19日目の大みそか。片思いしている先輩の都合が合わず、ワニは夜道でネズミと2人、除夜の鐘にひたります。ワニのうかない顔を見て、ネズミは「ドゥクシ」と小突きながら「はよ告れし」とひと言。全て分かってくれている親友の忠告に、ワニは無言で何を思うのでしょう。


大みそか

 仲良しの2人は、初詣も一緒。ワニはおみくじで大吉を引き、「良い一年になるでしょう」と祝福されます。その一方、ネズミの結果は「凶」。ワニは「ドンマイ」と優しく声をかけるのでした。ほのぼのしたお正月の出来事なのに、読者としては全てが皮肉に聞こえてしまう……。


新年

 きくち先生は、元日には年賀イラストも投稿。ワニとネズミが笑い合う、とても和やかな絵面なのですが、リプライでは「これが見られるのも最初で最後か……」と、悲観的な声が目立ちます。仕方ないことではあるけれども。


 それでも、「ワニさんにはこのまま一生笑っててほしい」「来年もおめでとうと言えますように」と祈る声も少なくありません。ワニの一生がどのような結末を迎えるのか、まだまだ分かりませんが、せめて最後は笑顔であってほしい……。


死まであと79日



【つづき】 週間まとめ「100日後に死ぬワニ」 のどかな寝正月の間にも淡々と進むカウントダウン“死まであと78日”



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」