ニュース
» 2019年12月29日 19時30分 公開

漫画「100日後に死ぬワニ」 誰にも変えることが出来ない結末が、ここにある “死まであと99日”

最後の100日が、幕を開ける。

[きくちゆうき,ねとらぼ]

 ワニの何気ない日常と、ラストに表示される“死まであと○○日”のギャップであっという間にSNSで人気となっている、きくちゆうき(@yuukikikuchi)先生の漫画「100日後に死ぬワニ」がねとらぼでも読めるようになりました。今回は1日目〜7日目(12月12日〜18日投稿)までのワニの1週間を振り返ります。



作者:きくちゆうき

100日後に死ぬワニ

1986年生まれ。なんだかんだいろいろあって27歳でイラストレーターとして独立。連載:「SUPERどうぶつーズ」(LEED Cafe)、「どうぶつーズの漫画」(幻冬舎plus)、「100日後に死ぬワニ」

Twitter:@yuukikikuchi/Instagram:@yuukikikuchi





1日目


2日目


3日目


4日目


5日目


6日目


7日目


避けられない運命

 テレビ番組を「ふふっ……はははっ!!」と無邪気に楽しむワニ。バラエティ番組でしょうか、一人暮らしの楽しげなひとときが満面の笑みから伝わってきます。そんな笑顔のコマのすぐ下で、“死まであと99日”という物々しいカウントダウンが始まりました。ほんとに死んじゃうの……!?



 カウントダウンが進む中でも、ワニの日常は続いていきます。テレビショッピングで1年待ちの羽毛布団を注文したり、日向ぼっこの後にラーメンを食べちゃったり。赤信号を渡ろうとしたヒヨコを、交通事故寸前で助けて「気を付けないと死んじゃうよ!!」と注意する一幕もありました。

 そんな日もカウントダウンはしっかり進行していて、読者としては他人よりもっと自分の心配をしてくれ〜! と、思わず心の中で叫んでしまいます。こうした読者の心配をよそに、入院中の友人・ネズミのお見舞いでは「人はそんな簡単に死なねーよ」というネズミの言葉に、またいつもの笑顔で「ははっ!!」っと応えるワニなのでした。

 読者からは早くも「死なないで」との声が続出していますが、きくち先生はTwitter上で「ワニは今日も楽しみ、笑い、喜ぶ。でも待っているのは死です」と、不可避の運命を告げています。死は誰にでも訪れるもの。その日のエピソードを笑って読むもよし、生と死について深く考えてみるもよしなワニの生活は、まだまだ続きます。


 漫画「100日後に死ぬワニ」はきくちゆうき先生のTwitterとInstagram(@yuukikikuchi)で連載中。ねとらぼでもSNSに合わせた日めくり更新ページがスタートしたほか、毎週日曜に7話ずつ、ワニの日常を紹介していく予定です。


死まであと93日


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.