ニュース
» 2020年01月12日 15時30分 公開

「これ以上皆さんにお見せできない髪型に」 笠井信輔アナ、抗がん剤治療による脱毛に焦り (1/2)

笑顔を絶やさない笠井アナ。

[深戸進路,ねとらぼ]

 “血液のがん”である「悪性リンパ腫」で闘病しているフリーアナウンサーの笠井信輔さんが1月11日にInstagramを更新。抗がん剤治療の副作用で髪が抜け落ちたことを明かしています。

笠井信輔 血液のがん 悪性リンパ腫 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 闘病 インスタ 抗がん剤 脱毛 副作用 ニット帽姿の笠井アナ(画像は笠井信輔Instagramから)

 「これ以上皆さんにお見せできない髪型になってしまいました」とのコメントを添えて、ニット帽をかぶって笑顔を浮かべたソロショットをアップした笠井アナ。7日の投稿で脱毛が始まったことを明かしていましたが、この数日間で大幅に抜け落ちたようで、「自分で鏡を見て あせるほど」と自分の姿にまだ見慣れていないことをづつっています。

 笠井アナは、2019年12月19日から「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」の治療のため入院中。通常よりも一段階強い抗がん剤治療を行っており、12月27日には5日間の連続投与を終えています。治療中に迎えたクリスマスには、「午後髪を切ります。どうせ、全部ぬけるんですから。新しい自分との出会いを楽しみにしています」と脱毛についても触れていました。

笠井信輔 血液のがん 悪性リンパ腫 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 闘病 インスタ 抗がん剤 脱毛 副作用 1月7日の投稿。脱毛初期のニットキャップ姿(画像は笠井信輔Instagramから)

 笠井アナのInstagramは、病気公表後に15万人以上もフォロワーが増加。ユーザーからは、「ニット帽凄く似合ってます!!」「どんな時でもスマイル素敵です」「頑張って戦っている姿に勇気を貰えています」「笠井さんの完治願っています!」など温かなコメントが多く寄せられています。

笠井信輔 血液のがん 悪性リンパ腫 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 闘病 インスタ 抗がん剤 脱毛 副作用 抗がん剤治療中の笠井アナ(画像は笠井信輔Instagramから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.