ニュース
» 2020年01月17日 17時30分 公開

豊田社長「空のモビリティ事業にチャレンジ」 トヨタが約430億円を“空飛ぶタクシー”eVTOL開発会社に出資、生産ノウハウも提供

3.94億ドル、ポンとくれたぜ。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は2020年01月16日、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を行う海外企業「Joby Aviation」に、約430億円の出資を行うと発表しました。

photo トヨタが約430億円を出資する「Joby Aviation」

 トヨタが出資するJoby Aviationは、空飛ぶタクシーの実現に向けて研究開発を行っている企業。2014年にはCGを使ったイメージ映像を公開しています。

 今回の協業発表にあわせて公開されたeVTOLは、2014年の映像で披露したCGモデルを踏襲したデザインとなっており、可変式プロペラを6基搭載したモデルとなっています。

photo Joby Aviationが開発したeVTOL(画像:トヨタ自動車)
2014年に公開されたイメージ映像

 トヨタは自社の生産方式のノウハウも提供すると発表しており、高品質で信頼性の高い生産ラインの構築を目指す狙いがあるとみられます。

 トヨタ自動車の豊田章男社長は「今回の協業により、陸だけでなく空にも、移動の自由と楽しさをお届けするモビリティの実現に貢献できる」とコメントしています。

 近年、注目を集めている空のモビリティには、都市部における渋滞や環境負荷の軽減といった課題の解決に一役買うと期待されており、主要都市の通勤・通学や国内外の旅行者からの需要が見込まれています。

 トヨタ以外の自動車メーカーも空のモビリティ事業には力を入れており、アストンマーティンによる空飛ぶクルマ(関連記事)や、アウディとエアバスによる空飛ぶタクシー(関連記事)など、すでに本格的な参入が始まっています。まだまだ先の話だと思っていた「クルマが空を飛ぶ」という未来絵図が現実に近づいてきた気がしますね。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響