ニュース
» 2020年01月21日 18時00分 公開

6歳少年、手作りねんどコアラで寄付金2700万円超え オーストラリア森林火災の動物たちを支援(1/2 ページ)

国境を越えて動物をサポート。

[関口雄太,ねとらぼ]

 オーストラリアの森林火災でたくさんの動物が傷ついていることを受け、6歳の少年がクラウドファンディングサイト「GoFundMe」上で寄付を呼びかけ。粘土製の手作りのコアラを返礼品として用意したところ、4000人以上の支援者から25万ドル(約2700万円)を超える支援金が集まりました。



 マサチューセッツ州ヒンガンに住むオーウェン・コリーくんは動物が大好きな少年で、オーストラリアで発生した森林火災の被害を聞き、ひどく傷ついていました。彼の落ち込んだ様子を見かねた両親が、寄付の呼びかけを思い付いたそうです。


6歳の少年、手作りねんどコアラで25万ドルを超える寄付集める 豪の森林火災での動物たちを支援 一つずつ手作りしたコアラ(画像はInstagramより)

 当初は友達とその家族に声をかけ、お礼を渡していました。やがて寄付金が1000ドルに到達すると地元新聞が取り上げ、より大きな注目が集まることに。そこで目標金額を5000ドルに設定し、クラウドファンディングキャンペーンを開始しました。1口50ドル以上の寄付で、手作りのコアラを提供するキャンペーンを開始すると、目標金額を大きく上回る結果に到達。現在粘土製コアラの提供は停止していますが、寄付をする人は後を絶ちません。


 Instagramでは、粘土製コアラを手作りする様子も公開中。「コアラパーティー」と題して、友達を招き、たくさんのコアラを作って、発送したことを報告しています。


 GoFundMeへの寄付は、日本からも参加可能。寄付金の送付先は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州に拠点を置く「Wildlife Rescue South Coast」です。同社は自然動物の保護と自立支援を行っており、オーウェンくんからの寄付を受けて「すばらしい取り組み」とFacebook上で称賛を送っています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む