ニュース
» 2020年01月27日 18時25分 公開

「香川県からのアクセスをブロックするプログラム」が話題に ネット・ゲーム依存症対策条例への問題提起として

ジョークのようでいて、皮肉の利いた意見のようにも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 香川県議会が検討中の「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」に備え、「もしものために、香川県からのアクセスをブロックするプログラム」が公開され話題になっています。編集部では作者に、プログラムを公開した狙いなどを聞きました。



 そもそもの発端となったのは、香川県が公開した「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」の素案。「18歳未満は平日ゲーム60分まで」の部分が注目されがちな同条例ですが、素案の第11条を見ると「インターネットを利用して情報を閲覧(視聴を含む)に供する事業またはコンピュータゲームのソフトウェアの開発、製造、提供等の事業を行う者は、その事業活動を行うに当たっては、県民のネット・ゲーム依存症の予防等に配慮するとともに、県または市町が実施するネット・ゲーム依存症対策に協力するものとする」との記載があります。

 つまり、この素案がそのまま通った場合、ゲーム業界だけでなく、あらゆるインターネット事業者は「香川県民のネット・ゲーム依存症の予防等に配慮」しなければ条例違反ということに……。そのためネット上では早くから、「アクセス前に『香川県民ですか?』と聞く必要が出てくる」「香川県からのアクセスに規制が必要になってしまう」など懸念する声があがっていました(関連記事)。



素案 「ネット・ゲーム依存症対策条例素案」第11条(赤線は編集部)

 今回公開されたプログラムは、万が一「そういう状態」になった場合を想定して公開されたもの。作者のnino(@ni_no13)さんは、あくまで「ネタです」と前置きしつつ、「本当にサービス側が依存症に対策しないといけなくなったらやばい(絶対ないと思うけど)」と、技術情報共有サービス「Qiita」でプログラムを公開。「Geolocation API」(位置情報を取得するためのAPI)を用いて、ユーザーの所在地の緯度経度を取得して都道府県を割り出し、もし香川だった場合は香川県の公式サイトに飛ばすというシンプルな仕組みです。


プログラム プログラムの一部

実行 テストの様子。作者は香川県外にいるため、Chromeの機能で位置情報を変更して試している

 もちろん、位置情報の取得にはユーザーの同意が必要ですし、偽装されたり、拒否されたりしたら意味はありません。作者も「香川県のゲーム規制をネタにGeolocationで遊んでみました」と語るように、ジョーク的なプログラムではあります。しかし、それ自体が条例への皮肉の利いた意見に映るのも事実。編集部はninoさんに、作成の意図などを聞きました。


条例通りのアクセス制限を完璧にするには技術ベースでは難しい

―― 香川の条例案について、どのように考えていますか。

nino あのプログラムは「Geolocationを使えばできる」という思いつきで書いた側面が大きく、条例に対し擁護や反対といった意図があったわけではありません。少し皮肉ってはいますが。

 また、私はまだ学生で、対策を打つ可能性のあるゲームサービス提供側でもなく、香川県民でもありません。条例に直接関係がない立場にいるので、何でも言えてしまうのですが、どちらかといえば反対です。

 先回りして(依存症の)対策を行うことに意義はあるとは思います。しかし、ゲーム依存症は大人でもなり得るもので、子どもだけ制限するのは対策としては少し違うのかなと。条例案の本文には子どもの成長に関しても言及されていますが、それは親がやることだと思います。また、実際にどう技術的に解決するかは考えられていないように感じます。

―― 現実問題として、このプログラムでどれくらい「香川からのアクセス」を避けられると思いますか。

nino 記事でも述べていますが、位置情報利用にはユーザーの許諾が必要です。許諾が得られた場合には、Geolocation APIの精度に依存しますが、ある程度は避けられると思います。このAPIはGPSだけでなく、さまざまな情報から位置情報を割り出すため、使える情報が端末によっても異なり、精度も変わってきそうです。

 一方、位置情報利用をブロックされてしまった場合はそもそも判定ができません。これを強制すると法に触れてしまうようなので、ここはユーザーの任意にするしかありません。加えて、位置情報を偽装された場合も打つ手がありません。結論としては、試してみないと分からないことが多いですが、「普通にアクセスして位置情報取得を許可した場合」は高精度に避けられると考えます。

 また、このプログラムはあくまで「アクセスした人が香川県民であることを特定するヒント」の一つを提供することしかできません。香川県からのアクセスであっても、香川県民であるかは分かりませんし、条例が求める「18歳未満」かどうかや、「1時間以上の利用」は別途対策が必要です(※)。

※編注:当初の素案では「1日60分(休日は90分)」の使用制限対象について「スマートフォン等」も含まれていましたが、最新の素案では「コンピュータゲーム」のみに変更されています(関連記事

―― もし条例が本当に成立し、対応せざるを得なくなった場合、どうするのが現実的だと思いますか?

nino 対策するうえで必要とされる情報は「1:香川県民であること」「2:18歳未満であること」「3:1時間以上使っているか」です。1についてはこのプログラムが使えますが、香川県と特定しても、香川県民かは分かりません。2については自己申告しかないでしょうし、3の時間制限にしても、ネットへのアクセス時間の判定を、各サイトで合算して行うのは困難です(※)。つまり、どれも技術ベースで完璧に運用するのは難しいでしょう。

※編注:上に同じ

 香川県の求めるレベルによると思いますが、現実的なところでは「香川県民ですか? Yes/No」「18歳未満ですか? Yes/No」と聞き、1時間以上滞在したら警告するくらいしかできないように感じます。

協力:nino(@ni_no13)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響