メディア
ニュース
» 2020年02月02日 12時50分 公開

Googleがイースター島など、気候変動で被害を受けている世界遺産5カ所の紹介コンテンツを公開 「かつてないほど急速に劣化」

遺産の様子を詳細に公開しています。

[関口雄太,ねとらぼ]

 芸術作品の高画質鑑賞を提供するサービス「Google アートプロジェクト」に、気候変動の影響を受けている世界遺産5カ所を紹介するコンテンツ「Heritage on the Edge」(直訳すると「危機にひんした遺産」)が登場。「建物がかつてないほど急速に劣化しています」と、警鐘を鳴らしています。


Google、世界遺産の今を記録し気候変動の意識啓発を図るHeritage on the Edge公開 世界遺産が気候変動により直面している危機を紹介(画像はHeritage on the Edgeより)

 「Heritage on the Edge」ではイースター島のラパ・ヌイスコットランドのエディンバラバングラデシュのバゲルハットタンザニアのキルワ島ペルーのチャン・チャン、を取り上げています。

 直接的に気候変動による危機を訴えるだけでなく、3Dモデルにより建物などの細部をながめることができたり、バーチャルツアーで散策を行えたりと世界遺産の魅力を理解することができます。

 例えばスコットランドのエディンバラ城では、「エディンバラ城について知られていない7つのこと」「エディンバラ城のバーチャル散策ツアー」「3Dエディンバラ城」などが用意されています。気候変動による具体的な危機としては、降雨により地下水が上昇し、城周辺の火山岩を浸食して歩行者や車、観光客などの被害につながる可能性などを視覚的に説明しています。


Google、世界遺産の今を記録し気候変動の意識啓発を図るHeritage on the Edge公開 激しい降雨(画像はHeritage on the Edgeより)

Google、世界遺産の今を記録し気候変動の意識啓発を図るHeritage on the Edge公開 上昇する地下水(画像はHeritage on the Edgeより)

Google、世界遺産の今を記録し気候変動の意識啓発を図るHeritage on the Edge公開 冠水と地滑り(画像はHeritage on the Edgeより)

 この取り組みはデジタルレコード・アーカイブなどを行うCyArk、遺跡の保存などに関わるICOMOS(国際記念物遺跡会議)との共同で行われたもの。

 気候変動による危機を議論するために世界遺産を取り上げる理由について、ICOMOSの担当者アンドリュー・ポッツ氏は「文化遺産がなければ、人々はよりどころやアイデンティティー、そして共同体としての感覚を失います。文化遺産はわれわれをむすびつける“接着剤”のようなものです。そして気候変動によりこうした絆を失ったとき、共同体の結束がゆるんでしまうのです」と、見解を表明しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.