ニュース
» 2020年02月06日 10時00分 公開

70歳就業法案が持つ2つの課題

管理職だった人は定年後に会社で何をすれば……。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月5日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。高年齢者雇用安定法の改正案について解説した。飯田浩司が休みのため新行市佳が進行を務めた。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

希望者は70歳まで〜政府が就業促進法案を閣議決定

政府は4日、希望する人が70歳まで働き続けられるよう、定年の延長など就業機会の確保を企業の努力義務とする高年齢者雇用安定法などの改定案を閣議決定した。少子高齢化が進むなか、働く意欲のある高齢者が働きやすい環境を整え、社会保障制度の担い手を増やす狙い。

新行)高齢者や副業、兼業の増加など働き方の変化に合わせた改正で、今国会で成立すれば2021年4月から施行されることになります。努力義務という形で、雇用の上限を70歳にまで引き上げようということですね。

佐々木)大事なポイントは、働きたい人と働くのがつらい人の、両方の面倒を見ることです。働きたいのに定年して働く場所がないと困っている人もいれば、一方では疲れたからゆっくりしたいという人もいます。両方に対応できなければいけません。いま寿命が延びているということがあって、よくツイッターで話題になるのですが、半世紀くらい前の手塚治虫さんの漫画を見ると、「60歳の老婆」という表現が出て来るのですよ。ひっつめ髪で和服を着て、よぼよぼになったおばあさんが出ていてびっくりするのですが、いまは60歳と言えば中年です。それこそ昔は30代をおじさん、おばさんと言っていたのが、いまは30代も若者扱いですよね。中年の自覚が出て来るのは40代になってからです。高齢者は65歳以上と言いますが、70歳〜75歳くらいにならなければ高齢者ではないという意見も出ています。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

健康寿命は男性70歳、女性73歳〜「70歳まで働かなくてはいけない」という抑圧になってはならない

佐々木)一方で日本の平均寿命は長く、男性は79歳、女性が86歳なのです。でも、健康寿命というものがあります。施設や病院に入らなければいけない年齢があって、それは男性で70歳、女性で73歳なのですよ。つまり70歳定年というのは、健康寿命ギリギリなのです。健康である人もいっぱいいるのですが、同時に健康寿命が終わってしまう人もいる。だからこの法律はいいけれど、70歳まで全員働かなければダメだという抑圧になるのはよくないので、切り分けて欲しいと思います。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

定年間際はほとんど管理職〜70歳まで何の仕事をするのか

佐々木)もう1つ、大企業ではありがちなことですが、年齢が上がると専門職というよりもいろいろなところを回って、管理職になってしまいます。新聞社もそうで、新聞記者として定年まで働く人はめったにいません。だいたい40代になれば、人事部や総務部へ行って管理職になる。40歳で管理職になったとすれば、20年くらい管理職をしているのです。その間に専門職ではなくなってしまっている。この人を70歳まで働かせようとなったときに、何をやらせるのか。高齢の管理職は、若い人からすればつらいと思いますよ。もちろん優秀な管理職の人もいるとは思いますが、一方で「昔はよかった」とか「最近の若者は」なんて言うような人が、どんどん積み上がって行くのです。これはよくないので、技術者やエンジニア的な専門職の人が70歳まで働けるようになるのが理想です。管理職はできるだけ若い人に回して行く方向に転換させた方がいいと思います。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響