ニュース
» 2020年02月10日 23時00分 公開

「侍でありたい」「人に文句を言うときは名を名乗れ」 島田紳助のキレキレトーク止まらず misono公開の最新動画で (1/2)

misono「やっぱり1番、大事にしなきゃいけないのは『島田紳助さんの気持ち』であり『アンチの言葉』ではないよね…」

[西尾泰三,ねとらぼ]

 歌手のmisonoさんが2月10日、2011年に芸能界を引退した島田紳助さんが出演する動画の“後編”を自身のYouTubeチャンネルで公開。島田さんは「侍でありたい」と自身の哲学や覚悟を語りながら、ネット上での匿名批判にも苦言を呈するなど、縦横無尽のトークで存在感を発揮しています。

島田紳助 misono 後編 動画 侍 引退 便所 名を名乗れ 約1カ月ぶりに公開された島田紳助さん出演動画(画像はYouTubeから)


 芸能界復帰やYouTuberデビューの意図なく、「misonoの応援をしたいから」という理由でmisonoさんのYouTubeチャンネルに登場したのが1月13日のこと(関連記事)。動画ではテンポの良いトークはそのままに、釣りやゴルフなどを楽しみ「健全な日々を過ごしています」と話していました。

 後編として公開された約26分の動画では、前編に引き続き、misonoさんと島田さん、フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン」ファミリーであるタレントの山田親太朗さんの3人でトーク。その中で島田さんは、もともと「50歳で辞めよう」と決めていたとし、テレビから姿を消すことになるトラブルが起こった際、本人はチャンスと考え、「2年で復帰するってうそついて」辞めたのだと当時について明かしています。

 近況などを語る中で、芸能界復帰の可能性を聞かれた島田さんは、いろいろなチャンスがあるとしながらも、「(復帰は)ない」とあらためて否定。「(復帰)したいと思ってない。今が楽しい。俺は芸能界でずっとやってきて、55歳で辞めて幸せ。例えば70歳までやっていたら、俺元気に海外行けなかった。今、ちゃんと元気(な身体)でいろんな人と会えて幸せ」と話し、前編の動画で“有意義な暇”と表現していた現在の充実した生活のよさを伝えながら「自分の人生一生懸命行こう」と呼び掛けました。

島田紳助 misono 後編 動画 侍 引退 便所 名を名乗れ 泥酔気味としながらも歯切れのよいトークは変わらず(画像はYouTubeから)

 引退後初となる映像出演にmisonoさんのYouTubeを選んだ島田さん。当のmisonoさんが「いろんな人のを断っているのを知ってますもん」と複数のオファーの存在を明かしつつ当惑の色を浮かべると、島田さんは「怒る人2人、想像がつく」として、「吉本の大崎(洋)会長と、サイバーエージェントの藤田(晋)さん」と名をあげました。

 かねて島田さんの才を高く認め、強固な信頼関係もうかがわせる吉本興業ホールディングスの大崎会長と、AbemaTVへの出演絡みを連想させる藤田さんへの謝意。特に藤田さんに対しては「藤田さんがこれを見たら“勘弁してくださいよ”って…。藤田さん、裏切ったわけではない」「我が子のためなんです。藤田さん、ごめんね。ごめんなさい」と不義理を詫びるような場面もありました。

 さらに、動画の終盤では、山田さんが間もなく芸能界から消えるとジョークを飛ばしながら、「芸能人は消えていくと“あいつ終わったな”って言われる。これが芸能人が一番傷つく言葉」と持論を語り出した島田さん。「だから、侍でありたいんですよ、みんな。上岡龍太郎さん55歳で引退した、俺も訳あって引退した。なんで自分から身を引くかっていうと、人に終わったって言われたくない。俺は自分で腹を切る、そして自分で終わりにする」と自身の哲学と覚悟を説明。

 「芸能人はみな傷つくから優しくしてください」と結ぶかと思いきや、返す刀で「ネットで意味不明の悪口書く時は名前を入れましょうよ」とネット上での匿名批判にも切り込む場面も「便所の悪口みたいなことを書いていると、あなたの人生が腐ってしまいますよ。人に文句を言うときは名を名乗れ。それが幸せに生きる道です」と訴えました。

 現時点で580万回再生を超えた前編動画の公開は、多くの賛否の声を生むこととなり、misonoさんはその反響の大きさから後半動画のお蔵入りも示唆していましたが、動画公開の前に更新したブログでは、公開する決め手になったのは、島田さんの気持ちをくんだためだと説明。「やっぱり1番、大事にしなきゃいけないのは『島田紳助さんの気持ち』であり『アンチの言葉』ではないよね…」とつづっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.