船内は“外国”の「ダイヤモンド・プリンセス」〜日本政府の対応が難しい理由

日本政府がコントロールできる状況ではない。

» 2020年02月13日 10時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(2月11日放送)に中央大学法科大学院教授・弁護士の野村修也が出演。新型肺炎の死者1,000人超という中国政府発表について解説した。

フォト 【新型肺炎 クルーズ船】横浜・大黒ふ頭に着岸したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。救急車などが岸に止まり、乗客らが不安そうに見つめていた=2020年2月6日午前、横浜市 写真提供:産経新聞社

新型肺炎、中国の死者1,000人を超える

中国政府の発表によると、新型コロナウイルスによる肺炎での死者は前日に比べて108人増え、1,016人に達したことがわかった。亡くなった人の数が前日と比べて100人以上増えたのは初めてで、感染者も4万2638人に上っている。依然として事態の悪化に歯止めがかかっていない。

森田耕次解説委員)11日午後入ってきた情報で、湖北省武漢市から日本政府のチャーター機で帰国した日本人男性2人が新たに新型コロナウイルスに感染しているのを確認したと厚生労働省が発表しました。この2人は帰国直後の検査では陰性でしたが、その後発症し、再検査で陽性と判定されました。2人の男性のうち、40代の男性はチャーター機の第2便で帰国し、お子さんと一緒だったためにその後自宅で待機していたということです。もう1人は50代の男性で、第1便で帰国し、千葉県のホテルに滞在していました。

野村)いろいろな方がいろいろなルートから感染されているので、それをしっかりと確認していって、どこに感染の可能性があるのかをしっかりと見極めなければいけません。他方、この状況になるとかなりの確率で国内でも感染する可能性があるということも前提に、いろいろな対応策も考えなければいけない時期にきているのだと思います。

フォト 急ピッチで建設された武漢火神山医院。習近平総書記の委託を受けた孫春蘭国務院副総理の率いる中央指導小組が病院の施設や設備などを視察した。(武漢=新華社記者/陳曄華)=2020年2月2日<新華社/共同通信イメージズ> 写真提供:共同通信社

外国船籍「ダイヤモンド・プリンセス」は日本政府がコントロールできない

森田)「ダイヤモンド・プリンセス」の集団感染ですが、厚生労働省は10日、65人の感染が新たに確認されたことを発表して、これでクルーズ船では検査したのべ439人のうち135人の感染が判明したということで、なかなか感染の拡大が止まらない事態になっています。船のなかで待機しているおよそ3,600人の健康状態については厚生労働省が経過観察していまして、終わるのは19日以降になる見通しです。国内で感染が広がらないように、下船の際に全員の検査をすることも検討しているということです。

野村)勘違いされている方がいるのですが、基本的には検疫法という法律があって、しっかりと検疫をしないと船から上陸させることはできないというルールになっていて、しかもあの船は日本の船ではありませんので、船内は外国なのですよ。ですから、日本政府がコントロールできる状況ではないので、日本のやり方が後手に回っているというご意見がありますが、なかに入って掃除をしたりということが日本政府にできるわけではないのです。日本政府がいまやっているのは検疫で、その検疫が終わっていないので留め置いていたという状況なのです。

森田)薬が足りないから持って行くということは可能なのでしょうけれども。

野村)それは人道的な配慮からいろいろなお手伝いをすることができますし、もちろん外国船籍の船であっても寄港地で食料提供などはできますから、そういう形での対応策はしていますが、あの船のなかの人たちをどうするかというのは法律に基づいて、検疫が終わるか終わらないかというところで判断しているのです。

フォト 【新型肺炎 武漢滞在の邦人帰国へ】中国・武漢に滞在する邦人を帰国させるため、出発の準備を行うチャーター機=2020年1月28日午後、羽田空港 写真提供:産経新聞社

第1便の帰国者、12日にも帰宅可能か

森田)千葉県勝浦市のホテル三日月に滞在しているおよそ170人の再検査が11日に始まり、この検査結果が12日にも出る見通しということで、陰性が確認できれば帰宅が可能ということですから、一部の希望者は12日中か13日中にはホテルを出ることができるのではないかという見通しになっています。

野村)こちらに対しても、地元の方々の応援メッセージなどが海岸に描かれるなどして、みんながご苦労されている方に心を寄せていますので、無事に戻る方々に対しては、検査が終わっているのだということを理解して対応して欲しいです。

フォト 会談前に握手する中国の習近平国家主席(右)とWHOのテドロス事務局長=1月28日、北京の人民大会堂(共同) 写真提供:共同通信社

中国政府は地方政府の責任に問題を矮小化すべきでない

森田)一方で、中国本土の死者が1000人を超えました。1016人で、感染者が4万2638人ということで、1016人の死者のうち湖北省の死者が974人ということです。中国政府によりますと、湖北省の衛生健康委員会の幹部2人が免職になったということで、どうも感染拡大の責任を取らされたということです。

野村)武漢の医療体制や医療対応に問題があったことは間違いないと思うのです。いちばん最初に武漢で発症している人がいたにも関わらず、大規模な宴会をやってしまったということがあって、それが感染を拡大させたという見立てがあるのです。ただ、ここで注意しなければいけないのは、本当に武漢だけの責任なのかということです。結局はとかげの尻尾切りになっている可能性があります。中国全体の衛生策として、国の政策に問題があったのではないかということを議論しなければいけないのですが、なんとなく地方政府の初動対応が問題だったということに集約されてしまっているということが問題を矮小化しています。武漢だけの問題に留めようということが、武漢だけを封じ込めて人を出させないようにすることになっているので、中国の対応は全体的に考え直していただかないといけない点があると思います。とにかく症例がたくさんあるわけですから、そこでいったい何が起こっているのか。それが世界中で蔓延しつつあるこの病気に対してみんなが立ち向かっていく貴重な情報なわけです。それをきちんと発信していって欲しいと思います。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news010.jpg 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
  2. /nl/articles/2404/09/news079.jpg お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  3. /nl/articles/2404/11/news030.jpg 夫婦ゲンカ翌日の“やり返し弁当”、白飯に「バカ」だけと思いきや…… 「仕返し最高です」「めちゃめちゃおもろい笑」
  4. /nl/articles/2404/12/news017.jpg ダイソーのバケツでオクラを育ててみたら…… 最強の省スペース栽培に「今年の夏は是非やってみます」「すごい!すごすぎます!」
  5. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  6. /nl/articles/2404/11/news026.jpg 庭に直植えして大後悔した巨大木の伐採を、YouTuberにお願いしたら…… 流血沙汰の結末に「色々と考えもんだなぁ」「あんなんなるんだ」
  7. /nl/articles/2404/09/news009.jpg “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  8. /nl/articles/2404/11/news095.jpg カビ・石けんカス・水アカはどの順番で落とせばいいのか―― プロが教えるお風呂掃除が参考になる「見事です!」「感動しました!」
  9. /nl/articles/2404/12/news009.jpg 猫素人だった息子と、元野良猫が出会って3年…… 徐々に距離を縮める様子に「ジーンとしました」
  10. /nl/articles/2404/12/news015.jpg 万能「ストライプシャツ」の“コレジャナイ感”を解決するには…… 印象激変の着こなし術に「できそう!」「ちょっとした工夫ですね」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」