メディア
ニュース
» 2020年02月14日 16時30分 公開

トヨタ「GR スープラ」改良型となる2021年モデル発表 最高出力382馬力、新ピストンなど採用で性能向上 (1/2)

新ピストンの採用からサスペンションの再調整も行われています。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は2020年2月14日、スポーツカー「GR スープラ」の改良型となる2021年モデルを発表しました。主にエンジンを中心とした改良が加えられ、従来モデルより性能を向上させています。

GR スープラ トヨタ 改良型 2021年モデル トヨタ「GR スープラ」2021年モデル

 GR スープラの改良型は、米フロリダで2月13日(現地時間)に開催された「デイトナ500」にあわせて発表されたもので、現時点では北米仕様のみ情報が公開されています。

 改良型はエンジン関連の改良がメインとなっており、エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用による圧縮比の変更が加えられ、最高出力は最大382馬力(従来は335馬力)に、最大トルクは368lb.ft.(従来は365lb.ft.)へと向上しています。この改良によって加速性能も向上しており、静止状態から時速60マイル(約96キロ)に達する時間が3.9秒(従来より-0.2秒)となっています。

GR スープラ トヨタ 改良型 2021年モデル
GR スープラ トヨタ 改良型 2021年モデル

 ほかにもボディ剛性の強化やサスペンションの再調整なども加えられ、より力強い走りが楽しめるマシンに仕上げられています。

 トヨタは改良型「GR スープラ」を2020年秋以降に発売する予定です。価格などは未定。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.