ニュース
» 2020年02月14日 17時10分 公開

「食べ物に見えないからゼロカロリー」 鳥居みゆき、独特な感性で錬成したお菓子がバレンタインの甘い空気を粉砕してしまう (1/2)

見た目に反して味はいいだと……?

[川上酒乃,ねとらぼ]

 お笑い芸人の鳥居みゆきさんが2月14日のバレンタインに、狩野英孝さんと「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんに手作りのお菓子を贈ったことを報告。独特な感性で錬成されたバレンタインデー要素皆無の贈りものにファンのざわめきが起こっています。俺の知ってるバレンタインどこいった。

鳥居みゆき バレンタイン 伊達みきお 狩野英孝 ハロウィーン 怖い 贈ったお菓子に満足げな鳥居さん。ハロウィーン感あふれすぎぃ(画像は狩野英孝Instagramから)


 鳥居さんが贈ったのは、脳みそを模したお菓子や、ガラスのようなものが刺さって血まみれに見えるマフィン、血走った目玉のクッキーに切断された指先クッキーなどどれをとってもパンチの強すぎる品々。これを贈られた狩野さんは早速Instagramにアップし、「鳥居みゆきさんから手作りのバレンタインもらったんだけど、怖すぎる…」とトラウマになりそうなプレゼントへの本音を吐露しながらも、「味は美味い」と太鼓判を押しています。

 以前からSNSやテレビで披露しているゾンビ風メイクは趣味が高じたものだと公言するなど、ゾンビや人体のパーツなどへの愛が止まらない鳥居さん。目玉や指などをトッピングした人類には早すぎるスイーツ作りもお手のもののようですが、そのセンスにファンからは「ハロウィーンと変わらない」と突っ込む声や、狩野さんの横で研ぎ澄まされた困惑顔をみせる伊達さんという文脈を抑えて、「食べ物に見えないからゼロカロリー」などの声もあがっています。

鳥居みゆき バレンタイン 伊達みきお 狩野英孝 ハロウィーン 怖い 手が込んでいるお菓子の数々(画像は鳥居みゆきInstagramから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐