ニュース
» 2020年02月23日 09時00分 公開

漫画「100日後に死ぬワニ」 歩みだす友人たちと進むカウントダウン“死まであと36日”

まわりがイキイキしてると、焦っちゃうよね。

[きくちゆうき,ねとらぼ]

 漫画家のきくちゆうき先生(@yuukikikuchi)がTwitterで連載中の、「100日後に死ぬワニ」。今回は64日目から70日目(2月13日〜19日投稿)までの、ワニの1週間を振り返ります。


アイキャッチ


↓↓↓先週の振り返り記事↓↓↓


↓↓↓最新話はこちら↓↓↓



作者:きくちゆうき

100日後に死ぬワニ

1986年生まれ。なんだかんだいろいろあって27歳でイラストレーターとして独立。連載:「SUPERどうぶつーズ」(LEED Cafe)、「どうぶつーズの漫画」(幻冬舎plus)、「100日後に死ぬワニ」

Twitter:@yuukikikuchi/Instagram:@yuukikikuchi



64日目


64日目

65日目


65日目

66日目


66日目

67日目


67日目

68日目


68日目

69日目


69日目

70日目


70日目

「友人のカノジョの助言はわりとよく効く」説

 ワニの平穏な日常を、不安なカウントダウンの下に描くこの漫画。ワニは前のバイト先で先輩に恋をし、一度は諦めましたが(34日目参照)、未練がありいまだに引きずっています。それは友人のネズミやモグラも察していて、気にかけてくれているようです。


モグラ カプセルトイのカブリ(63日目参照)を渡そうとこっそり待ち合わせ場所に行き、図らずも友だちの本音を立ち聞きしてしまったワニ。「気にならないんかなあ」……うん、気にしてるよね

 恋の話はバイト仲間にしてモグラの恋人、イヌにまで伝わった様子。「好きなら行ったほうがいいんじゃない?」「『行かずに後悔』『行って後悔』どっちがいいの?」と、グイグイ背中を押してきます。こんな感じの「友人のカノジョ」ってよくいるし、その助言はわりと正しい。

 その翌日、ワニは意を決して、先輩の勤めるカフェへ。それでもあと一歩の勇気が出なくて、引き返しかけたとき――先輩とバッタリ出くわしました。やったあ!


先輩 案外カジュアルな暮らしをしている先輩。仕事帰りかな

 再会した2人が、その後どんな会話をしたのか、漫画は多くを語りません。ただ、そもそも先輩はワニに好意的でしたし(38日目参照)、翌日の「でも良かったじゃん」というイヌの口ぶりからしても、ワニたちの恋が一歩進んだのは想像に難くありません。イヌの激励の言葉「元気出せ少年、先は長いぞ!!」は、読者としては複雑ですが、今のワニにとっては大切なアドバイスかもしれません。


先は長い

それぞれの道を行く友人たち――ワニはどうする?

 今週はワニの恋が進む一方、友人たちがそれぞれの道を進む様も描かれました。バイクの整備工をしているネズミは、サーキットでの仕事を得るなどステップアップ。モグラは特に夢などないまま営業職に就き、「どうせやりたいことがないのなら就職したほうがいい」と、割り切って仕事をしているようです。


ネズミ 「好き」を仕事にして生きるネズミ

モグラ 別に好きではないけれど、生きるために営業をしているモグラ。いろいろな生き方がある

 彼らの現況を聞くたび、ワニは「なんかすごー……」「ふーん……」と、何か感じ入っている様子。これは邪推かもしれませんが、友人に「置いていかれている」と、悩んでいるようにも思えます。そんな折、友人を誘ったところ、都合が合わないと断られてしまうことに。「そんなこともあるさ」で片付けるのは簡単ですが、ワニもそろそろ、自分の道を進むときなのかもしれません。例えば恋とか。


チャット 歳を重ねると、仲の良い友人もそれぞれ重い事情を抱えるようになって、なかなか会えなくなるものですからね……

死まであと30日


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声