ニュース
» 2020年02月27日 12時45分 公開

「よく考えたらコロナウイルスかかってる人あんまりいないよね」関与疑惑のYouTuberが騒動の全容語る 一連のアカウントは「自分のもの」

「政府や各種政治関係者とのやり取りなどは一切ございません」と、「政府の工作説」についても否定しています。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 「よく考えたらコロナウイルスかかってる人あんまりいないよね笑 噂の力ってすごい」というツイートが一斉に投稿され、「怖い」「工作では」などと話題になっていた件(関連記事)で、関与が疑われていたYouTuberの“Y氏”(名前は伏せます)が2月24日、一連の騒動の全容を語る動画を投稿し「この度はご迷惑やご心配をおかけして申し訳ございませんでした」と謝罪しました。



コロナウイルス Twitter 謝罪 問題となっていたツイート。他にも10以上のアカウントが一斉に投稿していたことから「怖い」と話題に

コロナウイルス Twitter 謝罪 2月23日の13時すぎごろに一斉投稿されたツイート(Yahoo!リアルタイム検索より)

 動画によると、一連のアカウントはもともとY氏が“ビジネス活動用”に複数所有していたもの。アカウントはその後、大学生の知人に譲渡したとしており、今回の騒動を受けて「やったの?」と問いただしたところ「やった」との返答があったそうです。また、「新型コロナウイルスの影響を小さく見せるための工作では」といった疑惑の声が上がっていたことについては、「あくまでこの活動は自身の事業の一環であり政府や各種政治関係者とのやり取りなどは一切ございません」と否定しています。


コロナウイルス Twitter 謝罪 “Y氏”の謝罪動画(モザイク加工は編集部によるもの)

コロナウイルス Twitter 謝罪 動画のコメント欄より(モザイク加工は編集部によるもの)

 Y氏が関与を疑われたきっかけは、問題となっていたアカウントの多くが、Y氏のツイートを“いいね”していた履歴があったこと。また、一連のアカウントについて、IDや名前の変更履歴を調べると、以前はY氏のアカウントであったと思われる痕跡も見つかっており、これについてはY氏の「もともとビジネス活動用に所有していた」という説明とも合致しています。

 さらに、問題となっていたアカウントの1つ(大半は既に凍結済み)で、「ただ今管理者を自身に移しました」と、謝罪動画へのリンクを投稿していることからも、一連のアカウントにY氏が関与していたのは事実とみてよさそうです。


コロナウイルス Twitter 謝罪 問題となっていたアカウントの1つで動画投稿を告知(モザイク加工は編集部によるもの)

 ただ、その後の「アカウントは知人に譲渡した」「一連の投稿は譲渡した知人が行った」という説明の真偽については確かめるすべがなく、動画のコメント欄では「じゃぁその友人とやらを連れて来い」「その架空の『友達』とやらに、出演して謝ってもらったらいいんじゃない?」など、問題の投稿を行った“知人”の不在を疑う声もみられました。

 Y氏は動画の中で、自分のアカウントがあのような形で使われていたのは「不測の事態」だったと説明。本来はビジネス用途に使ってもらうつもりで譲渡したにもかかわらず、実際は「工作アカウントに近い形」で使用されていたことについて、自分の監督不行き届きだったとして“知人”に厳重注意をしたとのことです。また、動画の後半では今回の炎上を振り返り、「SNSの怖さあらためて痛感でき、むしろよかった」「よくない叩かれ方でも認知広がったのはよかった」など、前向きに受け止めていることも示していました。


コロナウイルス Twitter 謝罪 最後は「申し訳ございませんでした」と頭を下げました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.