ニュース
» 2020年02月27日 13時25分 公開

「支え合えたらいいな」 大原優乃、重度の“魚介アレルギー”を初公表 家族の思いにも共感集まる(1/2 ページ)

検査をした全ての魚で陽性反応。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 女優の大原優乃さんが、2月25日に放送された「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ)に出演し、自身が重度の“魚介アレルギー”であることを初公表。命の危険にさらされたおでん屋での事件の裏にあった家族の思いなども明かし、「アレルギーって、辛いよね。命に関わることだからとても大事」「自分が大変やのに家族に気を遣うところとか優乃ちゃん優しいな〜って思った」など反響を呼んでいます。

大原優乃 魚介アレルギー 世界仰天ニュース おでん 家族 テレビ番組で重度の魚介アレルギーを初公表した大原優乃さん

 大原さんは、10歳で5人組ダンス&ボーカルユニット「Dream5」のメンバーとしてデビュー。現在はグラビアの他、テレビドラマ「ゆるキャン△」の各務原なでしこ役など俳優業でも活躍の幅を広げています。

 「芸能人のアレルギー」をテーマにした同番組で、自ら出演したVTRをおり交ぜながら自身のアレルギー体験を語った大原さん。それは、中学校の頃、イベント後に行ったおでん屋での出来事。おでんを食べた大原さんは喉のかゆみや呼吸困難、全身のじんましんなど、アナフィラキシーの症状を発現したといいます。

 しかし、もともと大原さんは“魚介アレルギー”。1歳のとき、父親が釣ってきたクロダイをみそ汁にして食べさせたところ、顔の腫れやじんましんなどの症状が出たため、病院で検査を行うと、クロダイだけでなく、ほとんどの魚で高いアレルギー反応が認められたとのこと。同番組でも大原さんに血液検査や直接肌にエキスを垂らすプリックテストを実施。検査をした全ての魚で陽性反応が出ていました。

大原優乃 魚介アレルギー 世界仰天ニュース おでん 家族

 その後は、アレルギーに対応してくれる小学校を探して入学。毎月、給食の献立を細かく打ち合わせては調理器具や食器を別にして、専用の給食を作ってもらっていたそうです。また、魚を調理する蒸気や煙にすら反応してしまうことも分かり、日頃から気を付けていたものの、おでん屋でアレルギー反応を起こしてしまったのは、母の優しさと本人のうっかりが関係していました。

 大原さんの実家で出てくるおでんは、好きなものを食べられない娘をかわいそうだと思っていた母の配慮でつみれも鶏肉で作るなど、魚介系の食材を用いずに作られたものばかり。そのため大原さんにはおでんが危ないという認識がなく、あわやの事態を招いてしまったようです。そうしたつらい経験を語る大原さんは、「一番は家族に申し訳ないなと思います。家族は私がいる食卓では魚を食べないようにしてくれていたので」と、支えてくれた家族への思いを口にしていました。


 番組終了後には自身のSNSで「魚の食物アレルギーを初公表しました。日々皆さんから勇気を頂いている中で、アレルギーの人にしか分からない気持ちもあると思うので支え合えたらいいな、と思い今回決断しました」と両親やマネージャーへの感謝とともに報告した大原さん。

 ファンからは「ゆーのちゃんファンでも結構知らなかった事実 びっくりしました」「ご両親とマネージャーさんの愛のある気遣いにはとても感動」「アレルギーで共有できることもあるので、公表したのは間違ってないと思います」「優乃ちゃんがお父さんと釣り行く写真とかを今まで見たことがあったから、魚ダメな優乃ちゃんも釣り好きなお父さんを思ってる事とか、優乃ちゃんの家族もちゃんと支えて優乃ちゃんを思ってるのが伝わって、ほんわかしました」など多くの感想が寄せられています。

(画像提供:エイベックス・マネジメント)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響