ニュース
» 2020年02月29日 20時10分 公開

かわいい顔してエゲツない走り 500馬力越えのV6搭載「クラシックミニ」が爆誕

見た目からは想像もできないパワーを秘めています。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 英国産まれの名車「Mini」に、V6エンジンを搭載したカスタムカー「スーパークーパーS」が海外で注目を集めています。加速度がえげつねぇ……!

photo V6エンジンを搭載した「スーパークーパーS」(画像はYouTubeから)

 Miniはかつて英国の自動車メーカー「ブリティッシュ・モーター・コーポレーション」が生産していた小型車です。現在はドイツのBMWが商標を取得しており、小型車ブランド「MINI」を製造しています。

 今回のスーパークーパーSは、1970年代に製造されたミニクーパーSをベースにしています。パワートレインは、リアのスーパーチャージャー付き3.5リッターV6エンジンと6速MTの組み合わせ。最大出力は557馬力にも達し、現行のMINIのハイパフォーマンスモデル「John Cooper Works GP」(関連記事)を上回っています。

photo リアに搭載されたスーパーチャージャー付き3.5リッターV6エンジン(画像はYouTubeから)
photo カメラ越しにも高い加速力が伝わります(画像はYouTubeから)

 さらに重量は約900kgにまで押さえられており、軽さとパワーがあわさった加速力はかなりエゲツないレベルになっています。Netflixの配信番組「最速の称号」に出演した時には、ドラッグレースでマクラーレン675LTに勝利しています。

photo スーパークーパーSの内装(画像はYouTubeから)
photo 車内にはディスプレイなども装備しています(画像はYouTubeから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.