ニュース
» 2020年03月07日 10時30分 公開

SFな世界にいそうなメタルの犬やクマ スクラップで作られたアート作品が近未来

動き出しそうな完成度の高さ。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米オレゴン州ポートランドを中心に活動するブライアン・モックさんが作り出す不要品が材料のスクラップ像は、幻想的でSFな世界観を持ち、観賞する人を不思議な世界へワープさせてくれます。

まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来

まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 高さ2.5フィート(約76センチ)のイヌ

まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 スクラップが材料だとよくわかるネコのアップ

まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 400ポンド(約181キロ)のアルミニウムで作られた実物大のクマ

 ブライアンさんは1990年後半から、金属製品の廃棄物、いわゆるスクラップを使用した彫像を制作しています。もともとは絵画や木彫りによる作品作りをしていましたが、スクラップアートに目覚め、没頭していったといいます。


まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 ひざを抱えてうなだれる人

まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 高さ6フィート(約183センチ)で400ポンド(約181キロ)の大きな顔

まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 「ガートルード」と名付けられた高さ8フィート(約244センチ)の女性像

 ブライアンさんは、スクラップを使用した作品作りについて「日常にある古いモノに、彫像として新しい命を吹き込むことは、芸術的に厳しくもあり喜ばせてくれる過程です」と語り、「私の作品は、工夫に富んでいることを強調し、鑑賞者に関与を促すようデザインしています。観覧する人たちの反応は、私の創造性に燃料を注ぎ、私のビジョンに命を吹き込みます」と観賞する人たちとのかかわりを大切にしていることを明かしています。


まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 「ヘヴィメタル(重金属)」なギター

まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 タコのテーブル

 金属を使用したアート作品なので専門的な溶接の経験が求められそうですが、技術はすべて作品作りを通して身に付けたそうです。


まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 制作途中の様子

まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 溶接中のイヌ

まるでSFな世界観 スクラップで作られたアート作品が近未来 工場で機械を製造しているようにも見えます

Image Credit:Brian Mock(Instagram

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐