意地でも庭で花火がしたい小学生 VS 何をしても生えてくる雑草 ついに実るか4年がかりの自由研究「雑草全滅大作戦」

過去3年間、雑草の繁殖にあらがい続けてきた子どもたち。2020年はどうなる?

» 2020年03月07日 11時30分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 庭にはびこるおびただしい雑草を、どうにか駆除できないものか? ある小学生が長年取り組んでいる自由研究「雑草全滅大作戦」の行方が気になります。4年目となる2020年は、地道に踏みつけて除草する作戦を採用。2カ月間続けたところ、実際に生えてこなくなったと途中経過を報告しています。


雑草全滅大作戦 庭の一部(赤線の手前)だけ踏み続けた結果、そこだけ草が生えなくなった!(画像は編集部で適宜ぼかし等をかけています)

 この意欲的な研究をしているのは、ぺこ(@peco3575)さんの子どもたち。夏場になると庭が草ぼうぼうになって遊べないからと、夏休みの宿題も兼ねて除草に挑んできました。しかし過去3年は雑草の繁殖に打ち負け、レポートはいつも「自然の力には勝てない。今のところ、自分たちの力で草を抜くしかない」で終わっていたといいます。悲しくも深い至言……。


雑草全滅大作戦 長年家族を苦しめてきた雑草。放っておくと大変なことになる

雑草全滅大作戦 そんな草との、戦いの歴史が詰まった3年分のレポート

雑草全滅大作戦 自然の勢いにはあらがえず、悲しくも毎年この結論に。それはそれとして、声に出して読みたい名文である

 それでも3年目には、「土が固いと雑草が生えにくくなる」可能性を発見。この仮説をもとに、2020年は人為的に土を固くしようと、踏み固める作戦に出たわけです。


雑草全滅大作戦 3年目に得た気付きを生かして4年目へ

 実験に際しては庭をロープで区切り、半分のスペースのみ走って踏むことに。踏まない区域と比較し、効果を確認する算段です。1月頭から2カ月近く実験を続けた結果、2つの区域で差は歴然。踏まないほうには細かな雑草が茂り始めている一方、踏んだほうはほぼさら地となりました。何事もまずやってみるものですね。


雑草全滅大作戦雑草全滅大作戦

雑草全滅大作戦 毎日踏んでいるうちに、手前と奥で差が明白に

 途中経過をぺこさんがツイートで紹介したところ、「地道な努力がすごい」「獣道ができていく様子を見ているようで感動」「桑田ロード(※)を思い出した」などと評判に。研究者からは「土壌の密度への着眼点がすばらしい」、農家からは「発芽する前に土を動かすことで、根がつく前に草を殺す、有効な除草法」と、専門家からも感心する声が寄せられています。

※元野球選手にしてMattの父、桑田真澄がケガで投げられなくなった時期にひたすらランニングに励んだ結果、芝がはげ上がり道ができたという逸話


 定点観測として有意義なこの実験、編集部はぺこさんに詳細を聞きました。発端は長女が家の草むしりを手伝って大変な思いをしたことから。そこで2017年、どうすれば草を全滅できるかと、弟(長男)の力を借りて研究を始めたそうです。草がじゃまで花火ができないと不満だった彼の思惑もあって、研究は共同で進められていきました。


雑草全滅大作戦 初回のレポートより、研究動機

 1年目はまず庭に生えた草が何かを調べて手製の図鑑を作成しました。そして、日陰を作って成長を止めようと画策し、レジャーシートを敷きますが、きのこが生えて失敗。塩水をまいて枯らす作戦も試しましたが、成長こそ遅らせられたものの、結局雑草は生えてきてしまったそうです。


雑草全滅大作戦 1年目の反省を踏まえて2年目へ

 2年目は人工芝や防草シートを敷いてみたり、塩そのものをまいたり、策を発展させるもあえなく失敗。長女が卒業して長男単独となった3年目は、除草こそできなかったものの、前述した「土の固さ」への着目ができました。


雑草全滅大作戦 1人でも頑張るとの意気込みが感じられる、3年目のレポート

雑草全滅大作戦 3年目の施策を決めた、かわいい家族会議。お父さんの投げっぱなし感がいい味を出している

 次年度で長男も卒業だからと、万全を期して4年目は冬からスタート。最長で30分間、学校から帰れば庭に出て、暗いときでも懐中電灯を片手に走ります。走るのに飽きたら、TRFの「EZ DO DANCE」でダンササイズ。ぺこさんも一緒になって踊っているそうです。

avexの公式動画「イージー・ドゥ・ダンササイズ」

 「自然の力には勝てない」と悟りつつも、毎年諦めずに克服しようと奮闘する子どもたち。そのモチベーションを支えるのは、「意地でも庭で花火をしたい思い」だと、ぺこさん。植物の成長が盛んになる春以降、どうなるか気掛かりではありますが、無理をしないでがんばってほしい。そしてこの実験の成果を楽しみにしています。

画像提供/取材協力:ぺこ(@peco3575)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」