ニュース
» 2020年03月09日 19時15分 公開

東京都の老舗旅館で「文豪缶詰プラン」 スタッフによる「先生、進捗どうですか?」コール付きで気分は人気作家

イベント前の追い込みに。

[ねとらぼ]

 東京都・本郷の老舗旅館「鳳明館」にて、大正・昭和の人気作家になった気分を味わえる「文豪缶詰プラン」の開催が決定しました。宿泊者が旅館から出ようとするとスタッフに制止されるほか、電話による進捗確認サービスを無料で受けられます。価格は1泊8000円からを予定。イベント前の追い込みがはかどる……。





 「文豪缶詰プラン」を実施する「鳳明館」は築100年余の本館を有する老舗旅館。歴史と文学の香り漂う部屋に閉じこもり、心行くまで作業に没頭できます。なお、“缶詰”のため宿泊期間中は基本的に館内から出られず、部屋に旅館スタッフが立ち入ることもありません。

 プランの参加者は著名な作家として扱われ、旅館スタッフから「先生、進んでますか?」「明日の10時にお伺いしますからね」といった進捗確認コールを受けられるほか、有料オプションとして気分を盛り上げる“編集者役”を立てることも可能です。

 具体的な開催日程は未定ですが、3月後半になる予定。料金は1泊が8000円、2泊14000円になる見込みです。なおプラン内容に食事は含まれません(飲食物持ち込み可)。




 「文豪缶詰プラン」の開催は2019年以来2回目。オタク心をくすぐるプランはどのようにして生まれたのでしょうか? イベント制作会社・八十介の担当者に話を伺いました。

鬼編集者に原稿が終わるまで閉じ込められたい! 憧れる(?)シチュエーションを現実に

――「文豪缶詰プラン」誕生のいきさつを教えてください。

 きっかけは、私どもが主催するイベントの出展作家さんたちが「進捗ダメです」「やばい、間に合わない」と嘆いていたことです。私も夏休みの宿題をギリギリまでやらないタイプなので共感できました。

 家にいるとどうしても作業が滞りがちですし、締め切りがやばいと分かっているのに飲み会の誘惑に負けてしまうこともあります。そんな時、作業に集中できる環境で、なおかつ「へぇ、そんな進捗状況なのに遊びに行くの?」と言ってくれる人がいたらいいな……と。

 そこから発展して、「鬼編集者に原稿が終わるまで缶詰にされる」「たくさんの編集者が『先生、うちの原稿はまだですか!』と催促してくる」といった人気作家さながらの経験ができたら面白いと思い、「文豪缶詰プラン」が生まれました。

――作家さんの生の声からスタートした企画だったのですね。会場はどのようにして決定したのでしょうか?

 弊社のイベントでは“世界観(物語)にとことん入り込む”ことを大切にしており、伝統ある鳳明館にお願いしました。鳳明館とは別のイベントをきっかけにお付き合いがあり、当時から団体営業やプラン企画等のお手伝いをさせていただいている間柄です。さまざまな企画を「やってみなはれ」の精神で許可してくださる社長や女将(おかみ)さん、イレギュラーな対応を引き受けてくださる旅館の従業員の皆さまに感謝しています。

――2019年に行われた第1弾の反響はいかがでしたか?

 第1弾は参加者5名で実施しました。そのうち3名は旅館の近くにお住いの方で、「地元だとなかなか気になっても泊まる機会がないので、良いキッカケだった」とお伺いしています。

 どこまでお客さまがノってくださるのか不安でしたが、進捗確認電話に「今、今やってます!」と焦った声で出てくださったり(実際本気で焦ったのかもですが)、編集者にちゃんと買い物を頼んでくださったり(宿から出さないために、買い物も代行します)、安心しました。

 有名な作家さんと深い関わりがあり、小さな出版社もたくさんある本郷という土地で、さらにはひょいと文豪が顔を出しそうなレトロな旅館の雰囲気も相まって、タイムスリップ感を楽しんでいただけたのではないかと思っています。

――なぜこのタイミングで第2弾を?

 次はもっとこうしたい……という思いはありながら、宿泊状況との折り合いがつかず実施できずにいたのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で団体客のキャンセルが続き、むしろ「なんとかせねば」という状況になりつつあります。

 そこで「部屋に1人で籠る缶詰プランであれば泊まってくれる人もいるのでは?」と考え、まずは反応を見てみようとツイートした次第です。

 批判されるかもしれない……と不安でしたので、最初は旅館名を伏せていたのですが、たくさんの反応をいただき、本当にうれしいです。


 創作活動から確定申告まで、憧れの文豪気分を味わいながら作業に没頭できるこちらのプラン。予約方法や具体的なスケジュールについては、八十介(@yasosuke80)Twitterでの発表をご確認ください。


3月16日追記 無事完売したそうです



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」