ニュース
» 2020年03月10日 18時00分 公開

NASA、火星探査車が撮影した18億ピクセルのパノラマ写真公開

地表を最高解像度で観察できます。

[関口雄太,ねとらぼ]

 NASAは、火星探査機ローバー「キュリオシティ」が撮影した写真をつなぎ合わせた約18億ピクセルのパノラマ写真をYouTubeで公開しました。


NASAが火星探査車が撮影した18億ピクセルのパノラマ写真を公開 探査車「キュリオシティ」の細部まで確認できる(画像はYouTubeより)

火星の地表がこれまでになくよく見える

 撮影場所は、火星の「グレン・トリドン」と呼ばれるエリア。スコットランドの「トリドン」に地形が似ていることから、その名前が付けられています。写真から地形の凹凸をハッキリと確認できます。


NASAが火星探査車が撮影した18億ピクセルのパノラマ写真を公開 角度によっては丘を確認できる(画像はYouTubeより)

 写真は探査車の位置をしばらく動かさない期間に撮影されました。「キュリオシティ」のプロジェクトチームが、感謝祭で休暇になる2019年の11月24日から12月1日までの期間を利用しています。通常はプロジェクトチームが探査車に指令を出して移動するため、数日かけて同じ地点から撮影できるのはまれな機会のようです。


 撮影された画像は1000枚以上となり、それらを数カ月かけて慎重に組み合わせ、パノラマが完成しました。約18億ピクセルの画像はYouTubeで見られます。


パノラマ写真で火星の表面を観察できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10