ニュース
» 2020年03月15日 09時00分 公開

漫画「100日後に死ぬワニ」 気まずい空気と進むカウントダウン“死まであと15日”

モヤモヤを吹き飛ばしたのは「笑い」でした。

[きくちゆうき,ねとらぼ]

 漫画家のきくちゆうき先生(@yuukikikuchi)がTwitterで連載中の、「100日後に死ぬワニ」。今回は86日目から91日目(3月5日〜11日投稿)までの、ワニの1週間を振り返ります。


アイキャッチ


↓↓↓先週の振り返り記事↓↓↓


↓↓↓最新話はこちら↓↓↓



作者:きくちゆうき

100日後に死ぬワニ

1986年生まれ。なんだかんだいろいろあって27歳でイラストレーターとして独立。連載:「SUPERどうぶつーズ」(LEED Cafe)、「どうぶつーズの漫画」(幻冬舎plus)、「100日後に死ぬワニ」

Twitter:@yuukikikuchi/Instagram:@yuukikikuchi



85日目


85日目

86日目


86日目

87日目


87日目

88日目


88日目

89日目


89日目

90日目


90日目

91日目


91日目

井の中のワニ、大海を知る

 ワニの暮らしを不安なカウントダウンとともにつづるこの漫画。近ごろ恋人ができたワニは、嬉々として実家に報告するなど、毎日楽しそうに過ごしています。


実家 以前は恥ずかしがっている風でもあったプロゲーマーへの夢も、少しだけ親に話せるようになりました

 そして、プロゲーマーの夢へも動き出し、その第一歩としてゲーム大会に参戦。しかし、すご腕の中学生に敗れ、辛酸をなめることになりました。それでもワニは前向きで、次回も「出るっしょ」と意気込むのでした。「次」か……読み手としては複雑な気分。


大会 ワニたちが遊んでいるゲームの名前が初めて「スマッシュボーイ」と判明。たぶん「スマボイ」の愛称で親しまれるロングセラー

どれだけ仲良しでも譲れないラインはある

 そんなワニに、恋人からうれしいプレゼント。プロ仕様らしき高級ゲームパッドをもらい、リベンジを誓います。ところが、うらやましがる友人のネズミに、「死んだらあげるよ」などと軽口をたたいたせいで空気がおかしなことに。「冗談でもそれは言うなよ」とたしなめられ、謝りながらワニは落ち込んでしまいます。


死んだらあげるよ 割とよくある冗談ですが、漫画のテーマがテーマだけにドキッとさせられる

冗談でもそれは言うなよ 一部の読者から「もしかしてネズミくん、ワニの死について何か知っている?」と声が上がった、真剣な表情。まさかね……

 その後、仲良しだった2人にちょっとしたすれ違いが起こりました。チャットでラーメンに誘われても、ネズミは「今日は行かないわー」と素っ気ない態度。ワニはネズミがまだ怒っていると思って悩んでいるのか、バイト中も心ここにあらずといった様子です。


ネズミ ネズミは単に残業していただけかも? 読者からは「やっぱり何か知っていそう」「ワニのために何か動いている」といった解釈も上がっていました

上の空 滅多にない表情。だいぶ引きずってるような……

 そんなモヤモヤを吹き飛ばしたのは、ワニの一発芸「5時のマネ」。口を大きく開けて時計の針を表す得意技をチャットで送られて、ネズミはつい吹き出してしまいます。


5時 「4時55分くらいじゃね?」とか細かい指摘は禁止でお願いします

6時 こちらは、入院していたころのネズミを励ました「6時のマネ」(10日目参照

 わだかまりが解けたようで、今度はネズミからラーメンのお誘い。カウントダウンの数字はとうとうヒトケタになってしまいましたが、ワニは当面元気そうです。彼の迎える運命がどのようなものであれ、みんなずっと仲良しでいてほしい。

 そしてこの記事連載も、次回で最終回です。

死まであと9日


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」