ニュース
» 2020年03月30日 15時00分 公開

狭い穴にネコちゃんが挑戦! 手作りダンボールおもちゃで遊ぶ様子が応援したくなる (1/2)

お顔が通れば通れるという話もありますが果たして……。

[瀬山野まり,ねとらぼ]

 ダンボールに開けられた狭い穴にネコちゃんが挑む動画がYouTubeで公開されています。


狭い穴に挑むネコちゃん

 ベラルーシ共和国で飼いネコのPusicくんと暮らす飼い主さん。ネコちゃん用のおもちゃを作るのが得意で、以前にも手作りの「ネコちゃん用透明迷路」や「ネコちゃんATM」でネコちゃんを遊ばせる様子を紹介しました。

 今回はダンボールにネコちゃんの頭が通るほどの穴を開け、ネコちゃんに遊んでもらうようです。徐々に小さくなるダンボールの穴を、ネコちゃんがどこまで通り抜けられるか見守ります。

 まずは直径20センチからスタートです。これは、どこにも体が引っ掛からず余裕で抜けられますね。続いて15センチ。少しお腹が当たるものの、難なく抜けました。さらに小さくなった13センチは、Pusicくんのお顔より一回り大きい程度。一瞬ためらいを見せるPusicくんでしたが、お腹をむにむに当てながら抜けていきます。


狭い穴に挑むネコちゃん ネコちゃん怯みません

 続いて12センチに挑戦。お顔と前足は通ったものの、お腹がつっかえるようです。しかし、厳しいところをバタ足気味で抜けられました。見るからに狭そうな11センチは、さすがのPusicくんも苦戦している様子。一度お顔を突っ込むも引き抜き、リトライで通り抜けられました。お見事です!

 そして最後の10センチは、一度お顔を突っ込み、冷静に状況を把握したのち、戦略的撤退です。これは仕方ありませんね。しかし、不可能と思われた11センチを抜けられたときは感動でした。

 いつかまた、飼い主さんが新しいミッションを用意してくれるはず。次の難関もPusicくんなら乗り越えてくれるでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた