ニュース
» 2020年03月30日 15時00分 公開

狭い穴にネコちゃんが挑戦! 手作りダンボールおもちゃで遊ぶ様子が応援したくなる (1/2)

お顔が通れば通れるという話もありますが果たして……。

[瀬山野まり,ねとらぼ]

 ダンボールに開けられた狭い穴にネコちゃんが挑む動画がYouTubeで公開されています。


狭い穴に挑むネコちゃん

 ベラルーシ共和国で飼いネコのPusicくんと暮らす飼い主さん。ネコちゃん用のおもちゃを作るのが得意で、以前にも手作りの「ネコちゃん用透明迷路」や「ネコちゃんATM」でネコちゃんを遊ばせる様子を紹介しました。

 今回はダンボールにネコちゃんの頭が通るほどの穴を開け、ネコちゃんに遊んでもらうようです。徐々に小さくなるダンボールの穴を、ネコちゃんがどこまで通り抜けられるか見守ります。

 まずは直径20センチからスタートです。これは、どこにも体が引っ掛からず余裕で抜けられますね。続いて15センチ。少しお腹が当たるものの、難なく抜けました。さらに小さくなった13センチは、Pusicくんのお顔より一回り大きい程度。一瞬ためらいを見せるPusicくんでしたが、お腹をむにむに当てながら抜けていきます。


狭い穴に挑むネコちゃん ネコちゃん怯みません

 続いて12センチに挑戦。お顔と前足は通ったものの、お腹がつっかえるようです。しかし、厳しいところをバタ足気味で抜けられました。見るからに狭そうな11センチは、さすがのPusicくんも苦戦している様子。一度お顔を突っ込むも引き抜き、リトライで通り抜けられました。お見事です!

 そして最後の10センチは、一度お顔を突っ込み、冷静に状況を把握したのち、戦略的撤退です。これは仕方ありませんね。しかし、不可能と思われた11センチを抜けられたときは感動でした。

 いつかまた、飼い主さんが新しいミッションを用意してくれるはず。次の難関もPusicくんなら乗り越えてくれるでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.